洋服を上手に収納しよう
~おすすめアイデアを紹介~

クローゼットや押し入れの中は洋服でいっぱい……。そうなってくると、洗濯物を片付けるのも、朝、洋服を選ぶのもストレスがたまりますね。そんな方は、洋服収納を見直してみませんか。収納場所が少なくても洋服をきれいに収納できるアイデアを5つご紹介します。

洋服収納アイデア①服のたたみ方ひとつで収納は変わる

最初に見直したいのは、掛けて収納する洋服とたたむ洋服の分類。掛ける収納のほうが洗濯物をたたむ手間を省けますが、スペースが必要になりがちです。収納スペースを考えて、分けていきましょう。ただし、セーターは型崩れの原因になりやすいので、たたんで収納するのがいいと思います。

洋服をたたむときは、横に寝かせてチェストに片付けると、下にある洋服を取り出しにくくなるので、できるだけ立てて収納できる方法がおすすめ。そして、平らにたたむよりも、ロール状に丸めるほうが、洋服を出すときに、他の服まで一緒に出てきてしまうのを防げます。

洋服収納アイデア②衣装ケース、ボックスはかなり便利


出典:https://www.muji.net/store/cmdty/section/S2000407

洋服収納といえば、「衣装ケース・ボックス」はやはり便利です。積み重ねられて、定番だけあって、種類やサイズも豊富。買い足す際に同じメーカーの商品が手に入りやすいのも嬉しいところです。衣替えのときに、衣装ケースごと入れ替えられるようにしておくと、さらに手間を減らせ時短につながりますね。透明のケースを選ぶと洋服を探しやすくなります。

洋服収納アイデア③100均のアイテムも使える

何でもそろうダイソーやセリア。洋服収納に役立つアイテムも豊富です。突っ張り棒やフックは掛ける収納に、切って使える仕切り板やカゴは引き出しの中を区切るのに便利。ブックエンドは衣装ケースの中に入れた洋服が倒れないように抑えておくのに使えますし、文庫本収納袋は子供のおさがり用の服を収納しておくのにピッタリです。また100均のハンガーは種類が多く、スカートやズボン専用の商品、ズボンを複数枚一度に掛けられる商品、ベルトハンガーなども販売されています。

洋服収納アイデア④無駄なスペースを有効活用

洋服を無作為に掛けているなら、長さごとに掛ける場所を決めるのがおすすめです。そうすると、下に新たな収納スペースが生まれます。もう一段、突っ張り棒を設置して掛ける収納場所を作ることや、衣装ケースを置くことができるように。見た目もスッキリしますし、収納スペースも増やせますね。洋服をギュウギュウに詰めるのは取り出しにくくなるのでおすすめしませんが、クローゼットや押し入れの中に微妙な無駄なスペースができないよう、工夫するのはおすすめです。

洋服の収納アイデア⑤子供の洋服は自分で選びたくなる収納に

子供服の収納は、子供が自分で洋服を選びたくなるように工夫。親もラクになりますね。背が届く場所に置くのはもちろんのこと、引き出しの開けやすさなどの使い勝手も大事なポイントになってきます。例えば、子供がハンガーに洋服を掛けるのが面倒だと感じるタイプなら、首の後ろに付いているタグをフックに掛けるだけにするなど、収納方法そのものを見直すといいでしょう。子供が小さくて、上下を選ぶのが負担に感じるようであれば、あらかじめTシャツとズボンをセットにして片付けておくのもいいと思います。

断捨離も時には大事……

収納上手になって、洋服をたくさん収納できるようになっても、時には断捨離も大事。ワンシーズン着なかった服、少し伸びた服は思い切って処分してしまうと、スッキリするでしょう。筆者はついつい部屋着にと思ってしまいがちですが、1枚買ったら1枚処分するを目安にしています。

洋服を上手に収納しているほど、オシャレな人が多い印象です。それは、持っている洋服をきちんと把握できているからなのかもしれませんね。洋服の収納術をマスターして、シンプルかつおしゃれな生活を楽しみたいものです。