布団をすっきり収納しよう
~おすすめアイデアを紹介~

布団の収納は、スペースを取りがちですよね。ベッド派だから毎日布団を出し入れするスペースは不要というおうちもあると思いますが、羽毛布団や毛布など冬用の掛け布団があったり、客用の寝具があったり。替えのシーツやタオルケット、カバーなども含めるとやはりそれなりに収納の工夫は必要です。そこで今回はおすすめの収納アイデアをご紹介します。

布団の収納アイデア①布団圧縮袋を使ってコンパクトに

いまや、100円ショップでも買える布団圧縮袋。チャックだけでなく空気が逆流しないバルブ式のものもあり、掃除機でしっかり吸引すれば1/2~1/3程度の厚みにまで圧縮できる寝具も!寝具だけでなく、冬のアウターやクッション、ぬいぐるみなどもコンパクトにできますから、上手に使いこなせると良いですね。

布団の収納アイデア②イケアやニトリ、無印の収納ケースが使える

出典:https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/series/12555/

布団収納ケース(バッグ)で人気なのが、IKEA(イケア)、ニトリ、無印良品のもの。それぞれに使いやすさが考えられていて、無駄のない収納が可能です。

IKEA(イケア) SKUBB(スクッブ)
シンプルなデザインなので見た目もすっきり!SNSでも人気のケースです。縦置きできるのがとても便利です。

ニトリ コンパクト収納タイプふとん収納バッグ
内側にベルトが付いているので、ぎゅっとコンパクトにまとめやすいです。天袋など高い位置への収納にもぴったりですね。

無印良品 ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・衣装ケース
内側がコーティングされた布製ボックスです。布団収納用として販売されているわけではないですが、毛布やブランケットの収納にもぴったりと口コミでも評判です。

布団の収納アイデア③収納袋に入れてソファに変身!?

敷布団が座面に、掛け布団が背もたれになるよう収納できる便利アイテム。ベルメゾンを始めとした通販サイトでいろいろ売られています。気に入って酷使していると、いざ使おうとしたときに「ぺっちゃんこ!」となってしまう心配もありますが、収納スペースが必要なく、ソファとして普段使いできるなら一石二鳥です。

布団の収納アイデア④厚さ、用途別に分ける

寝具の中でも一番サイズの大きい敷布団やマットレスなどは、無理にケースに入れようとせず、そのまま畳んでしまったほうがすっきり見える場合も。きれいに収めるにはどう片付けるのが最善か、立体パズルのように組み立てて考えられると良いですね。

また、季節や用途、使う人ごとに分けて収納しておくと、出し入れが楽です。縦型収納のほうが良いのか、横に重ねて収納するのが良いのか、出し入れの手間をよく考えて順にしまえると、なお良いでしょう♪

布団収納アイデア⑤布団を押し入れにしまう際はすのこを利用

押し入れやクローゼットにすのこを置いてみると、意外とほこりが溜まることに気付くと思います。あまり頻繁に出し入れするところでもないのになぜ?と不思議に思うかもしれませんが、それだけ空気が循環している証拠です。

布団など寝具類は湿気によるカビを防ぐためにも、床や棚板に直置きではなく、すのこの上に収納することをおすすめします!

布団を上手に収納してお部屋をすっきりさせよう

工夫してみると、これまで布団にとられていた収納スペースに余裕が生まれると思います。冬用の寝具を衣替えするタイミングなどで布団収納を見直して、上手にお部屋をすっきりさせましょう。