かさばる寝具をすっきりと!気軽に取り入れられる寝具収納をご紹介

ベッド派、布団派、どのスタイルでもかさばるのが寝具。一つ一つが大きいだけではなく、数が多いので、どこに置いてもスペースをとってしまいますよね。来客用の布団・子供用の昼寝布団・夏用の寝具・冬用の寝具と寝具だけでもかなりの量になります。重くてかさばりがちな寝具の収納に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、すぐに取り入れられる、便利な収納アイディアを紹介します。

寝具がかさばるのはどうしてだろう?

寝具がかさばるのには理由があります。それは、ふんわりと空気を含んでいるから。特にかけ布団はその傾向が強く、収納スペースをとりがちです。また、敷き布団やマットレスは重くて大きく、小さく畳むのが難しいため、収納にはスペースが必要です。それ以外にも、シーツ・ベッドパッド・タオルケット・毛布・枕・枕カバーなど、寝具は種類や数が多く、かさばってしまうもの。家族の人数が多い場合は、その分寝具が増えるので、より場所をとってしまいます。

おすすめの寝具収納①普段使いの寝具はクローゼットに

普段使う寝具は、出し入れがしやすいように、クローゼットに収納するのがおすすめです。その際は、すのこを使って湿気がたまりにくい環境を作り、定期的に干して、虫やカビの予防をしましょう。キャスター付きのすのこや、布団収納棚を使うと、湿気を防ぎながら、クローゼットの中の空間を有効活用できますよ。クローゼットに収納すると、ホコリが付きにくいのがうれしいポイントです。

おすすめの寝具収納②来客用など使用頻度が低いものは布団圧縮袋

来客用の寝具など、普段使わない寝具は、布団圧縮袋の利用が便利です。布団をクリーニングして清潔にしたら、布団圧縮袋に入れましょう。布団圧縮袋を使うと、普段は厚みがある布団が小さくなるので、少しのスペースでたっぷりの収納が可能になります。ただし、布団圧縮袋を使うと、傷みやすくなるものもあるので、注意事項を見ながら使ってください。

おすすめの寝具収納③季節ものの寝具はクッションやソファ代わりに変身

季節ごとに入れ替えが必要な寝具は、まるめてカバーに入れてクッションやソファー代わりに変身させてみるのはどうでしょうか。これなら、部屋にも出して置けるので収納スペースを圧迫しないだけではなく、お気に入りのカバーをかけておけば、お部屋のポイントになるのがうれしいですね。また、湿気にくく、出し入れが簡単なので、季節の変わり目に柔軟に対応できます。

おすすめの寝具収納④イケアのSKUBBならホコリを防げる

寝具を収納する時、そのまま積み上げると崩れてしまったり、必要な時に取り出しにくかったり、収納方法に悩みますよね。そんな時は、イケアのSKUBBがおすすめです。シンプルなデザインで飽きがこないことや、縦に置いても自立するので重宝します。また、空気が通る穴があいているのもうれしいポイントです。マスキングテープや、シールでラベリングをしておけば、どこに何が入っているか一目瞭然、出し入れがスムーズです。

おすすめの寝具収納⑤無印良品の布団収納ケースでシンプルに

無印良品の布団収納ケースなら、シンプルに収納できて、なおかつ立てておいても大丈夫という優れものです。布団を圧縮する機能はありませんが、布団を入れたら立てて置けるので、クローゼットや、押し入れの中に積み上げずに、出し入れしやすい収納が可能です。シンプルなデザインなので、クローゼットや、押し入れの中がすっきりと見え、飽きがきません。収納スペースの大きさや形によっては、布団収納棚などを使いながら横に置くことも可能です。

寝具の収納方法を工夫してすっきりと片付けよう

ここまで便利な寝具の収納方法を紹介しました。そのままではかさばってしまう寝具ですが、アイディア次第で、すっきりと収納が可能です。気軽に取り入れられるアイディアばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。寝具をすっきりと清潔に収納すれば、必要な時に気持ち良く寝具が使えます。省スペースで寝具の収納ができれば、空いたスペースで他の物を収納できるので、家がすっきりと片付きます。