これですっきりとした憧れのリビングに!リビング収納のコツをご紹介

急な来客があった時、リビングが散らかってて慌ててしまった経験ありませんか?リビングが片付けられていたら、スマートな対応ができるのに!という悩みも少なくないはずです。とはいえ、家族が集い、長い時間を過ごすリビングは物が溢れがちになり、なかなか片付けが追いつきません。リビングが散らかっていると、不思議と家全体の印象に大きく影響し、「私、片付けられない…」とネガティブになってしまいます。すっきり・おしゃれで、使いやすい空間にしたい!そんな憧れを抱いている人へ、リビング収納のアイデアを紹介します。

人が集まるリビングは物も集まりがち

家族が集うリビングは、家の中で、最も散らかりやすいスペースです。そこで、リビングにはどんな物があるのか、どれだけの量を置かれているのかを把握することから始めましょう。どんな収納スペースにも、キャパシティがあるので、物が増えれば増えるほど収納場所がなくなり、散らかってしまうのは当たり前です。リビングで使わないものは、処分・移動をする、また、どのようにすれば、家族が片付けしやすい収納になるのかを想像しながら、リビングのものと向き合うことが、リビングをきれいにする為の第一歩です。

リビングに収納スペースを確保しよう

リビングに何があるか、把握できたら、次はどう収納していくかを考えていきます。リビングは過ごす時間が長いので、雑誌・新聞・子供のおもちゃ類・家事・掃除用品・文具・医薬品・服など身近にあれば便利な物が集います。そのため、どんどん物も増えていくのですが、収納を考える際は、使用頻度が高い物を取りやすいところに配置するなど、「家族の持ち物を使い勝手よく配置させること」が鉄則です。収納スペースがなければ、キャビネットやカラーボックスなど収納できる家具、バスケットなどのアイテムの購入も検討しましょう。

間取りに合わせたリビング収納

収納家具を購入する際は、間取りや、広さに合わせて、種類や大きさを考えることも大切です。テレビ台や棚は、高さがあると部屋に圧迫感が出るため、高くないものを選ぶといいでしょう。また、間取りを気にせずに取り入れられる収納方法の1つは、棚の活用です。オープンシェルフやラックなどの棚は、本棚として使えます。またバスケットを引き出しがわりにするなど、リビングの様々なアイテムの収納で活躍します。隠したいものはバスケットへ、見せたいものはそのまま置いて収納しましょう。見せどころのメリハリもつき、インテリアのアクセントにもなります。

シンプルにまとめるなら無印良品が優秀

収納をすっきり見せるには、収納アイテムを揃えるのも1つの手段です。シンプルで美しく、使い勝手と品質のいい無印良品の収納用品はとても人気があります。定番商品は、ポリプロピレン、ダンボールなど素材も選べるファイルボックスです。散らかりやすいプリント類や本、またキッチン用品のストックなど、その用途の幅広さが魅力。時期によっては、10%OFFや大型商品送料無料キャンペーンをやっているので、まめにチェックしておくといいでしょう。

すっきり見せるには引き出しを活用するのがカギ

テレビ台・チェスト・サイドボードなどの引き出しは、どのように使っていますか?この引き出しを上手く利用することが、リビング収納成功のカギです。リビング収納の引き出しには、家族が頻繁に使うものを入れるようにしましょう。大きい引き出しは、100均などでも手に入る、小分けのケースで区切って、収納をします。家族みんなで使うものは、「いつもの定位置」を一度決めてしまえば、いちいち探さなくても良くなるうえ、みんなで片付ける習慣ができます。

DIYなら自分好みにリビング収納が作れる

家具サイズが合わない!好みの収納アイテムがない!という時は、DIYで作るという方法もあります。安価に手に入るカラーボックスは、収納力もあり、アレンジのバリエーションも豊富です。TVボードや、おもちゃの収納棚など、環境や生活スタイルに合わせて取り入れられます。また、テレビ上の壁面収納や、移動式の収納ボックスなど、簡単にできるDIYアイデアは、インターネットで検索できるので、理想的なものがあるか探してみましょう。

リビング収納を工夫してすっきりとした暮らしを手に入れよう

お客さまをお迎えするパブリックスペースと、家族が集まるパーソナルスペース、2つの役割を担うリビング。その収納のコツは、分類する・収納する・あふれたら捨てることです。すっきりとしたリビングを保つには、このサイクルを守ることが最も重要です。家族と一緒に片付けられる収納方法を見つけて、おしゃれで機能的なリビングを手に入れましょう!