コード配線をきれいにまとめよう!すっきり収納できる方法を紹介

絡まるコード配線をすっきりとさせるにはどうしたらいいのでしょうか。方法は一つだけではありません。今回は煩雑になりがちなコード配線の収納方法について、4ご紹介していきます。コード配線専用のグッズから、身近な百円均一商品を活用した方法まで網羅しているので、きっと配線の悩みを解決できるでしょう。

電源タップを活用してコードを収納


まず、ケーブル配線と聞いて思い浮かぶものと言えば、TVの電源ケーブルや、家庭用電化製品のケーブルでしょう。電化製品は一家に複数あるため、ケーブルの数もそれに比例して多くなり煩雑になります。かといって、テーブルタップ等をコンセントに接続して、タコ足配線にすると埃が溜まり火事になる可能性もでてきます。

その場合は、電源タップを活用しましょう。複数の配線を電源タップに接続することで、コード配線を一本化できます。また、それぞれの各ケーブルに電源スイッチが入っている電源タップもあるので、利用したいケーブルだけに電気を送ることも可能です。

面倒で絡まるコードはケーブルボックスで隠すとすっきり

コード配線にお悩みの方で、そもそもコードが人目につくのが嫌だという方もいるでしょう。そんな時は、ケーブル配線収納用のケーブルボックスをおすすめします。ケーブルボックスを利用すれば、配線のごちゃごちゃした絵を人に見られることなく、スリムにまとめられます。また、部屋の雰囲気に合った木目調のボックスもあるので、インテリアに合わせて設置することも可能です。

もし、専用のコードボックスまで購入しなくても、という場合は、無料でボックスを自作してみましょう。例えば空箱に穴を開ければ即席のケーブルボックスの完成です。身近なものでも工夫次第で便利グッズに早変わりするかもしれません。

LANケーブルには壁に沿って固定する配線カバーがおすすめ

自宅の中の配線はなにも家電製品だけではありません。インターネットを利用する際にひくLANケーブルも配線の悩みの種の一つです。家の中を横断して引いたりするため、かなり目立ちます。

そんな時には壁に沿って引くことをおすすめします。コードフックで沿わせるのも有効ですが、やはり配線が見えてしまうのが気になる場合は、配線カバーを利用しましょう。直線的に配線を壁に沿わせることができ、カバーがコード全体を覆い隠してくれます。床や壁の色や素材に合わせた様々な種類のカバーがあるのも嬉しいですね。

100均グッズが大活躍!コスパのいいアイテムを活用して収納しよう

さて、ここまで様々なコード収納術を紹介してみましたが、実は専用のグッズを使わなくても、100円均一のグッズを利用して、配線の整理収納が可能です。例えば、壁の色に近いマスキングテープを利用して、コードを隠してしまうこともできます。

簡易的ではありますが、コードホルダーやコードフックも100円で購入が可能です。また、木製の箱などを買って穴を開けて、オリジナルのコードボックスとして活用することも。あまり費用をかけたくないという方にはもってこいの収納方法です。

みんなはどうしてる?インテリア実例をみたいならルームクリップをチェック

言葉だけで説明されてもうまくイメージが湧かない場合は、実際に実例を見てみることをおすすめします。家族や友人に相談してみてもいいでしょう。例えば、ルームクリップというサービスは実際に住んでいる方がいる家のインテリアやちょっとした工夫を紹介している写真投稿サービスです。実際に生活をしている人が投稿しているので、有用性が高くきっと悩み解決に一役買ってくれるでしょう。これを機会に一度覗いてみてはいかがでしょうか。

コード配線はちょっとした工夫ですっきりまとめることが可能!

家中に走るコードは地味ではありますが、ストレスにもなり得ます。高齢の方がお住まいだと、足を引っかけて転倒してしまうというリスクもあります。たかが配線と侮ることなく、今の内からスリムに収納させましょう。今回紹介した方法以外でも有効な方法はたくさんあります。ちょっとした工夫を凝らせば、きっと今より住みやすい自宅になること間違いないでしょう。