デッドスペースも有効活用!おすすめ壁面収納のテクニック

すっきりと片付いておしゃれな部屋に憧れるけど、高級な家具は買えないし、難しいDIYはしたくない…。そんな時には、工事不要で簡単にできる壁面収納を試してみましょう。便利グッズを使ってお気に入りのものを飾るだけで、お部屋がもっとお気に入りの場所になるはずです。しかも今まで使っていなかったスペースを有効活用できるので、一石二鳥ですね。

賃貸でも安心!簡単に設置できる突っ張り棒

壁に穴を開けない収納方法といえば、手軽に使うことができる突っ張り棒ですよね。色々な長さのものがあるので、使いたい場所のサイズに合う商品を選びましょう。クローゼットや押入れのハンガータックがないところに設置すれば、収納力アップで無駄なスペースも減らすことができますよ。

また、左右に突っ張り棒を固定できる壁がある場所であれば、突っ張り棒は収納以外の場所でも役立ちます。低い家具の上部にスペースがあれば、棚板がついたタイプの突っ張り棒を設置してみましょう。家具を買わなくても棚として使うことができて便利ですね。

置くだけでおしゃれな自立タイプのラダーシェルフ

ラダーシェルフとは、壁にもたれかけて使用するタイプの棚です。大きな家具は移動させるのも大変ですが、ラダーシェルフなら移動も楽々。どこにでも移動させることができるので、気軽に模様替えを楽しむことができます。表紙がお気に入りの本や小さな観葉植物、インテリアに生える小物などを置けば、あっという間におしゃれな空間に!

棚全体にぎっしりと物を置くのではなく、適度な空間を残すように使ってみましょう。壁に棚を作るのは難しくても、ラダーシェルフなら置くだけなので、簡単に壁面を有効に使うことができます。

原状回復可能な優秀アイテム!ディアウォール

壁に飾り棚などを作りたくても、賃貸住宅の場合には難しいですよね。物件の退去時に原状回復することが必須の賃貸住宅では、壁に穴を開ける工事はできれば避けたいものです。

そんな時に使いたいのが、ディアウォールという商品です。木材の上下にディアウォールのパーツをはめて天井と床につっぱらせることで、新しい柱を作ることができる仕組み。バネの力で柱がしっかりと固定されます。

新しくできた柱には穴を開けることができるので、色々なインテリアに活用できます。さらに2本の柱を立ててその間に壁に沿って板を渡せば、穴を開けることができる、新しい壁の出来上がりです。床から天井までの壁をそのままDIYできるようになるので、いろいろなアレンジができそうですね。また、2本の柱と柱の間に板を渡せば、棚だって簡単に作れてしまいますよ。

引っ掛けるだけ♪キッチンで大活躍のS字フック

調理器具やキッチン雑貨には、かわいいデザインが多いもの。引き出しなどにしまいこんでしまうのは、もったいないですよね。思い切って飾ってしまうことで、キッチンをお気に入りの空間にしましょう。S字フックを使えば、レンジフードの端に引っ掛けて、調理器具やキッチン雑貨を吊り下げるだけで簡単です。

突っ張り棒や吸盤タイプのタオルハンガーなどを使えば、複数のS字フックを並べて使うこともできますよ。その場合、シルバーで色を統一したり、フックの大きさを揃えると統一感が出てすっきりとした印象になります。

浴室や洗面台には吸盤タイプが便利

タイルや鏡といったツルツルとした素材が使われている浴室や洗面台。壁面収納には、吸盤タイプのものがおすすめです。タオルハンガーや小さめの棚も、強力な吸盤のものを使えば、シャンプーボトルなどの重みのあるものを固定することも可能です。浴室では床に直接ものを置くよりも、壁面に吊り下げて収納することで、清潔に保つことができますね。

デッドスペースの壁面を活用して収納することで、洗い場を広く使うことができるのもポイントです。また、ぬめりやカビなどがつきにくく、お掃除が簡単になるという点も壁面収納のメリットです。

壁面収納を有効活用して、デッドスペースもお気に入りの空間に

工事不要で手軽にできる壁面収納で、デッドスペースを有効活用する方法をご紹介しました。見せる収納のインテリアで、お部屋がもっとお気に入りの場所になりますよ。