キッチンの引き出しを整理しよう~おすすめアイデアとアイテムを紹介~

キッチンの引き出しを整頓する前に、どこに何をしまうのか決めておくことが大切です。どのキッチンツールをどのように片付けるかを決めておけば、収納アイテムの買い物も少ない回数で済ませることができます。今よりも使い勝手が良くなるように物の配置を見直しながら整理をすれば一石二鳥です。さまざまな収納アイデアを参考に、キッチンの整頓をしてみましょう。

キッチンの引き出し収納アイデア①鍋・フライパン

キッチンの大きくて深さのある引き出しは物が沢山入りますが、ごちゃごちゃしやすいですよね。このタイプの引き出しは、実はフライパンや鍋をしまうのにぴったりなサイズなのです。

フライパンはファイルケースやブックスタンド、フライパン立てを使用して重ねない収納をすることで、出し入れの動作を減らすことができます。蓋は引き出しの奥に突っ張り棒を設置して蓋置き場を作って収納しましょう。大きな引き出しには深さのある鍋も余裕を持って収納することができますよ。

キッチンの引き出し収納アイデア②食器

食器棚の代わりに、キッチンの引き出しへ食器を収納することも可能です。ただし、重ねて収納してしまうと下の食器が取り出しづらくなるため、立てて収納することをおすすめします。食器もファイルケースやブックスタンド、ディッシュスタンドを使って綺麗に並べることができます。

コップは、コップの幅に近いケースに並べて入れておけば引き出しの開閉で倒れる心配がありません。グラスなど割れやすいものを収納する際は仕切りのついているケースがおすすめです。

キッチンの収納アイデア③調味料

調味料はシンク下にしまうと奥の物が取り出しづらく、料理のたびに手間になってしまいますので引き出しに収納するのがおすすめです。ただし、ただ引き出しにしまうだけだとごちゃごちゃしてしまいますのでアイデアが必要です。

深さのある引き出しには高さのある調味料がぴったりですが、そのまま入れてしまうと倒れたり移動してしまうので、突っ張り棒やファイルケースで間仕切りを作って収納します。大きさがバラバラの調味料は調味料ケースに入れて形を揃えると綺麗に収納できますし、見やすいので使いやすいです。

キッチンの引き出しおすすめ整理アイテム①100均

ダイソーのディッシュスタンドは木製・竹製・プラスチック製とラインナップが豊富です。木製や竹製は暖かみがあってお洒落な作りになっているので、見せる収納にも使用できます。セリアのディッシュスタンドはアルミ製とワイヤー製で、スタイリッシュな印象です。

コップやカトラリーを収納するコンテナ、調味料ケースなど、100均ですべて揃えることができます。お洒落なものがお好みの方はセリア、シンプルなものがお好みの方はダイソーがおすすめです。

キッチンの引き出しおすすめ整理アイテム②ニトリ

引き出しの収納アイテムを購入する際に心配なのがサイズ感ですよね。引き出しのサイズに合っているか、収納力のあるつくりなのか、という心配を解消してくれるのが縦横伸縮整理トレーです。その名の通り、引き出しの大きさや収納物の量に応じてカトラリーケースを縦と横に伸縮することができます。

ニトリでは引き出し収納用のバスケットやコンテナ、フライパンスタンドやディッシュスタンドなど、専用商品が開発されていてどれも使い心地が優秀です。

キッチンの引き出しおすすめ整理アイテム③無印良品

平皿の収納におすすめなのが無印良品のアクリル仕切りスタンド。アクリル製でスタンドが透明なので、食器を美しく収納することができます。縁などに装飾や凹凸がないので、ムダなスペースが生じません。

深さのある大きな引き出しの間仕切りに大活躍するのが、無印良品のファイルボックス。角に丸みがなく、ぴったりと並べることができるので、引き出し収納の定番アイテムになっています。ホワイトグレーなので引き出しの色に馴染みやすく、内容物も見えやすく探しやすいです。

キッチンの引き出しはアイデア次第でかなり使える!

いかがでしたか?仕切りのないキッチンの引き出しは使いづらいイメージがありますが、収納グッズを使って工夫をすればとても見やすく使いやすくなることがわかりましたね。いろいろな収納アイデアを参考に、ノンストレスで使いやすいキッチンを目指しましょう。