キッチンの整理にはラックが便利!収納力アップのラック活用術

何かとごちゃつきがちなキッチン。収納したくてもスペースがなかったり、上手に活用できていない場所があったりと、上手く整理ができない人も多いのではないでしょうか。ラックを使うと、そんなデッドスペースを上手に活用でき、収納できる場所も増えて整理がしやすくなります。上手なラックの活用方法や、どんなラックを使えばいいのかなど、ご紹介します。

ラックを使いこなせば、キッチンのデッドスペースが消える!

キッチンはできるだけたくさんの収納が欲しいですよね。そんな時は、キッチンのデッドスペースを有効活用しましょう。ラックを上手に使うことで、収納場所を格段に増やすことができ、とても便利です。ラックを使って段数を増やしたり、吊戸棚ラックで隙間を上手に活用して使いやすいキッチンを手に入れましょう。

ラック活用術➀シンク下は高さを活かせるラックを置こう

シンク下は高さがある場合が多く、そのまま置くだけでは上の方に無駄なスペースができてしまいます。ラックを使えば、デッドスペースがなくなり、ものがたくさん置けるようになります。置きたいものに合わせて高さを調整できるタイプのラックなら、無駄なスペースを極力減らすことができます。

大きな調味料やフライパンなどの調理器具を入れると上に少し隙間ができますが、ラックを使えば上段にはラップの予備やキッチンタオルなど省スペースで収納できるものを置くことができます。

ラック活用術➁よく使うものは吊り戸棚ラックを活用

ラップ類やミトン、キッチンタオルやスパイスなど、よく使うものは吊戸棚ラックに入れると使い勝手がよくなります。吊り戸棚ラックは、小さなものなら100均ショップにも売っています。他にも大容量タイプのものや、機能性のタイプがホームセンターなどで購入可能です。隙間にできる無駄なスペースがなくなるのは嬉しいですね。

ラック活用術➂シンデレラフィットのレンジラックを見つけよう

電子レンジや炊飯ジャーを入れるレンジラックはキッチンにピッタリ収めたいですよね。レンジラックを購入するときには、置きたい場所をしっかりと採寸しておきましょう。サイズが合わなければキッチンに、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

隙間ができればホコリも溜まりやすくなるため、ジャストフィットするレンジラックを探すことが大切です。炊飯ジャーを置く部分は引出しタイプになったものなら炊くときに蒸気がこもらず、使用後は中に収めておけるので便利です。

ラック活用術➃突っ張りラックで新たな収納スペースを作り出す

収納スペースがあまりない場所には、突っ張りラックが便利です。突っ張り棒タイプで伸縮するためサイズが調整でき、壁面を傷つけることなく収納スペースを増やすことが可能です。キッチン、リビング、洗濯機上や玄関先など、もう少し収納があればいいのにと思うスペースを有効に活用できますよ。

丈夫で大きな本棚タイプはたくさんの本を収納することができますし、小さなタイプならキッチンで調理道具を掛けたり、スパイスラックとして使用できるので、使いたい場所に合わせてラックの大きさやタイプを選びましょう。

ラック活用術➄初心者もチャレンジ!好みのラックをDIY

思うようなラックが見つからない時には、DIYにチャレンジしてみましょう。DIY初心者でも、すのこなどを利用すれば簡単に作れるため、好みのラックを作ってみてはいかがでしょうか。カラーボックスに仕切りをプラスすれば、入れたいものがちょうどいいサイズに収納できます。

アイデア次第で簡単に作れてしまう手作りラックですが、塗装を施したり、デコレーションすれば素敵なインテリアとしても楽しめます。

キッチン整理にはラックを使うことで収納力&使いやすさアップ!

ラックを活用することで、キッチンの整理がしやすくなり、収納力と共に使いやすさも上がります。隙間や壁面などのデッドスペースを有効活用できて、とても便利に使えます。好みのラックをDIYで作るのも楽しいですよ。

また、場所や収納するものに合わせたジャストフィットのラックがあれば、気持ちよく快適に使うことができます。上手にラックを使って、キッチンを使いやすい空間にしましょう。