冷蔵庫の整理はこれでOK!便利な収納アイテム教えちゃいます!

冷蔵庫の整理、どこから手を付けていいかわからない!ということはありませんか?片づけてもすぐに元通りになってしまうという経験をされた方も多いと思います。冷蔵庫の整理ができていないと調理に時間がかかる、食材の賞味期限が過ぎてしまい処分する、見た目が雑然としていて料理に気持ちが向かないなど悪循環を招いてしまいます。そうならないために、手軽にできて継続して整理ができるコツと収納アイテムを紹介します。

収納のポイントは「見た目をそろえる」「小分けにする」です!これを意識しながら冷蔵庫整理の方法を見ていきましょう。

冷蔵庫の整理をするといいことづくめ♪

冷蔵庫の整理ができているだけで調理時間の時短になります。何がどこにあるのかが大まかに把握できているので取り出し時間も早くなるためです。また買い出しの際に何が足りないのかもわかりやすいので在庫管理も時短できますね。もちろん、在庫管理ができるので無駄な食料を買ってくることも防げます。これは家計にもうれしいですよね。

特に野菜などは正しい方法で収納することで鮮度のもちがよくなることも期待できます。冷蔵庫が整理できるだけでグッとできる女になれますよ!

100円ショップで揃う!便利グッズを活用しよう

100円ショップには冷蔵庫整理に使えるアイテムが目白押しです。冷蔵庫整理はしたいけどなるべくコストをかけたくないという方でもばっちり整理できる収納アイテムを以下に紹介します。アイテムを決定するポイントは「シンプルである」、「サイズを揃えられる」です。この2点がそろっているだけで冷蔵庫内がすっきりします。

・プラスチックケース各種(書類ケースやカゴも含む)
・タッパー各種
・紙袋(野菜の収納・整理に役立つ)
・詰め替えできる容器(味噌ストッカーや調味料入れなど)
・仕切りを作れるアイテム
・ハンギングピンチ(ワイヤークリップとも。チューブなどを吊り下げて収納できる)
・ラベリング用のシールなど

カゴを使ってシンプルに整理整頓

冷蔵庫内でメインで活躍してくれるアイテムがカゴなんです。収納アイテムとしてカゴが優秀な理由は、ラベリングをしなくても中身がわかるところ。網目の間から中身が見えるのでぱっと見で欲しいものを探し出せます。

また、サイズ展開も豊富なので同じシリーズでサイズ違いなど、見た目を合わせやすいのもポイント高めです。手が届きにくく中身が見えにくい上の方の段には取っ手付きのカゴがおすすめ。サッと引き出して中身を確認できます。

収納アイテム①ボトル&ドアポケット

ボトルの収納方法は寝かせておく、ドアポケットにしまうの2パターンが考えられます。寝かせておく場合はごろごろと転がってしまわないようにブックスタンドを使う、細長いケースを横にしてボトルを重ねて入れるという方法もあります。

ドアポケットに入れるときにおすすめなのはボトルの中身を入れ替えること。飲み物まですべて入れ替えるのは大変ですが、調味料などは入れ替えがおすすめです。ボトルのサイズ・種類をそろえることで統一感が出て冷蔵庫にすっきり収まってくれます。また残量が見えやすい容器を選ぶことで在庫の買い忘れを防げます。

収納アイテム②冷凍庫

冷凍庫の収納は「立てて収納」が基本です。冷凍食品、冷凍ご飯、作り置きおかず、野菜、その他の食材すべて、小さなもの以外はジップロックかタッパーなどに入れて立てて収納することで、何がどこにあるか一目で探せるようになります。収納するおおまかな場所を決めておくこと、上から見てわかるようにラベリングすることを忘れずに。

ラベリングにはいつ冷凍したものかわかるよう日付を書いておくのがポイントです。小さなものや少量しかないもの、長期保存ができないものは見失わないよう冷凍庫の上段にしまうといいでしょう。

収納アイテム③野菜室

野菜室の収納は「こわけ」が基本です。同種類の野菜ごとに分けておくことで在庫管理も一目瞭然。おすすめは紙袋に入れて小分けする方法です。葉物などを収納する場合は紙袋を軽く湿らせておくことで鮮度の長持ち効果も期待できます。紙袋でなくても仕切りを使って小分けにすることもできますね。

立てた状態で育つニンジンなどは野菜室内でも立てて保存することで場所を取らずに鮮度も保ちつつ収納できます。野菜室でも大まかにどのあたりにどのような野菜があるのかを決めておきましょう。

収納アイテムを賢く使って冷蔵庫を整理しよう!

散らかりがちな冷蔵庫も、便利な収納アイテムを活用することで見た目もすっきり整理できるアイデア・コツを紹介してきました。調理時間を短縮して、楽しく料理ができるように冷蔵庫整理をしてみましょう。便利な収納アイテムは100均でもあらかたそろうので一通り見て検討してみるのもおすすめです。