【100均】
子供の名前を消したい!使えるアイテムを調査

子供が使う教科書やノート、テスト用紙などなど、学校からの配布物には必ずといっていいほど記名しますよね。捨てるときにこの名前欄が気になって、潔く捨てられずに困っていました。そこで100円ショップDAISO(ダイソー)で売っている商品で簡単に消す方法を探ってみました!

スーパー極太油性マーカー(黒、25mm)

教科書など油性ペンで書いた名前は油性ペンをもって制す!と、店頭でいの一番に手にしたスーパー極太油性マーカー。幅が25mmもあるので、名前欄の上を1回なぞるだけで上書きして消すことができます。

ただ、筆圧が高くて文字が浮いてしまったり、名前部分の古いインクがなぞったインクと馴染まず弾いてしまったりすることも。そういう場合は、一度乾かしてから再度上塗りするとカバーできました。

個人情報保護用スタンプ(ダブルローラータイプ)

これは、数字が細かく並んでいる2つのローラーをコロコロと左右に転がして名前を消すスタンプ。耐水性顔料インクをたっぷり染み込ませてあるので、ツルツルと光沢のあるノートの拍子にある名前もしっかり消すことができました(乾くまで少し時間が掛かりましたが)。

インクを追加できないので使い捨てなのが残念ですが、100円でも結構使えそう!テスト用紙の名前欄など鉛筆書きにももちろん対応可能ですから、日常使いにも良さそうです。

らくがき消しスプレー

文房具のペンコーナーの隅にひっそりと(?)売られていたらくがき消しスプレー。用途には「プラスチック、ガラス、ステンレス、スチール等の表面上のマジック、鉛筆、ボールペン、クレヨンなどの落書きや汚れを落とします。」とありますが、テキストの表紙に書いた名前もスッキリきれいに拭き取れました。

スプレーを吹きかけてしばらく放置していると、名前インクがじわじわと浮いてきます。それをティッシュペーパーで拭けば完了!と、とっても簡単ですが、シンナー臭がしますし、スプレーの扱いに慣れていない子供が使うのは不向きかもしれません。

でもこれがあれば、学校で使うプラスチックの学習用品などに直接記名しても消せるので、お下がりにしたり、処分したりするときにも安心ですね。一家に1つあると重宝すると思います。

隠せるスティックのり

黒色のスティックのりを隠したい部分に直接塗って紙を折って貼り、個人情報を隠すものです。紙を折り曲げなければならないので、厚手の表紙などには不向きですが、テスト用紙くらいなら問題ないですね(子供の名誉のために、100点を取ったときのテストで試しました 笑)。

念のため、一度乾いた後に折った部分を開いて見てみたところ、名前は読み取れない状態になっていました。ダイレクトメールの宛名消しに最適かと思いますが、我が家ではDMより子供が持ち帰ってくる紙類のほうがはるかに多いので、名前消しにも活用していきたいです。

名前の消し方について漠然と困っていましたが、DAISO(ダイソー)を探ってみただけでも便利アイテムがいろいろあって、本当に気が楽になりました!子供たちの教科書やノート、テスト用紙などは、学校で勉強を頑張った証ではあるものの、見直すことはまずないので、アイテムを上手に使い分けながら断捨離を進めていきたいと思います!