まるでカフェ!本棚をリビングのインテリアに

みなさんの家のリビングに本棚はありますか?我が家は2階に大きな本棚があるので、リビングには普段読んでいる本がバラバラと置いてある状態。でも理想は、天井まで壁一面が本棚になっている本に囲まれたリビングです。いつもの暮らしの中に本棚がある、そんなリビングづくりを考えてみようと思います。

見せるタイプの本棚で、リビングをお気に入りの空間に

本を収納する目的の本棚ですが、少し余裕を持たせてところどころ雑貨などが置けるスペースは確保したいもの。2階にある本棚は、本に埃がたまるのが嫌で、扉のあるタイプのものを選んでいました。リビングに置くなら機能だけはなく、気持ちにゆとりを生む存在であってほしいですね。

インテリアの主役は本棚!かんたんDIYでブックカフェのようなリビング

たくさんの本をおしゃれに収納する本棚がほしい。と思ってもリフォームには相当な費用がかかりますし、無印やIKEAなどで相応のものを探すとびっくりするような価格になってしまいます。

やはり欲しいものは自分で作るしかない……。レンガやブロックを好みの高さに積み、その上に板を渡すと手作りの棚が完成します。ホームセンターで幅と長さを指定すればカットしてもらえるので、のこぎりが使えない人でもDIYが可能。オイルステインなどで塗装すると、落ち着いたブックカフェのようなイメージになると思います。

お気に入りの本を飾って収納♪リビングにおしゃれな本棚を

小さなお子さんがいるご家庭なら、絵本の収納も気になるところです。お気に入りの絵本の表紙は見せて飾るのもお勧めです。子供が取り出しやすい位置に設置してあげると、インテリアになるだけでなく、子供が本を手に取る機会も増えて一石二鳥です。

本以外のものも一緒に飾って、見た目もバランスよく

写真立てやお気に入りの雑貨、小さめの植木鉢にグリーンを飾ってもいいですね。あっという間に増えてしまう雑誌は平積みにしておくと圧迫感が無くなります。洋書があれば、何冊かまとめて飾っておくだけで雰囲気のある本棚に。本棚を照らす間接照明ならクリップライトはいかがでしょうか。お手頃価格で本棚に陰影をつけることが可能です。

おすすめ!季節や気分で、飾る本を入れ替えよう

図書館のお勧め本コーナーも季節ごとに本が入れ替わります。本もインテリアの一部と考えるなら、夏は涼し気な青系の本、クリスマスは赤や緑色でまとめるのもいいですね。大型の絵本などは表紙を見せたら、まるで絵画を飾ったような存在感です。

お気に入りの本を飾った本棚で、おしゃれなリビングに

本が好きな人にとってブックカフェのようなインテリアは憧れです。大きな本棚を購入したり、大物をDIYしたりすると部屋が狭くなるというデメリットも。最初はウォールシェルフを取り付けるくらいから始めてみてはいかがでしょうか。