これでストレス解消?!シールフックおすすめの使い方5選

Author : サチ
こんにちは!3児の母兼整理収納アドバイザーのサチです。

暮らしの中では、家具やケースを使うまでもない“細々収納”と遭遇します。
「ちょっと引っ掛けたい」
「散らかりを防ぎたい」
「一時置き場が欲しい」
「色の氾濫を防ぎたい」
このようなちょっとした希望を叶えるのにおすすめしたいのがシールフックです。
100円ショップでもよく見かけるシールフック。そんな細々収納の救世主シールフックの、おすすめの使い方を5つ紹介しますね。

全体量も一目瞭然!アクセサリー収納

まずおすすめしたいのはヘアゴムなどのアクセサリー収納です。
幼児~低学年くらいの女児を子育て中のご家庭では特に、ヘアゴムの多さに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
ケースなどにそのまま入れると、お目当てのヘアゴムを探すのは時間がかかるもの。
そこで。1フックに1つと決めておけば、どんなヘアゴムがどのくらいあるのか一目瞭然!
選ぶ時間を短縮させることができるうえ、「フックの数だけヘアゴムを持とうね」と、ものの量について子どもと一緒に管理することもできます。

同じように、ネックレスなどのアクセサリーも吊るし収納に最適。
アクセサリー同士が絡まないので、使いたいときに素早く取り出せますね。

子どもが屋外で使うちょっとしたものも定位置管理


続いておすすめしたいのが、子どもが屋外で使うちょっとしたものの収納です。
例えばなわとび。とてもカラフルなのでできればシューズボックスの中などに収納したいところですが、ケースを引き出したり、その中を探したりするのは面倒……。
シールフックなら、1つずつ掛けられるので、誰のなわとびなのか一目でわかります。

なわとびと同じように、夏休み期間限定のラジオ体操カード収納にもおすすめ!
期間限定で使うものだからこそ、しっかりと定位置を確保し「あれ?今年はどこに仕舞ったかな?」ということにならないようにしましょう。

リビングに持ち込みたくないものは玄関に掛けて収納

リビングに持ち込みたくない掃除道具は、玄関シューズボックスの扉内に収納するのがおすすめです。
埃や細かいゴミが付着したままの掃除道具は、できれば居間スペースには収納したくないもの。屋外との境目である玄関だったら、抵抗感少なく収納できますね。
また、シューズボックスの扉内に吊るすものとしておすすめなのが靴の消臭剤です。
置き型の消臭剤は、その分スペースを占拠してしまいますが、吊るすタイプならシールフックに引っ掛けると余計なスペースを取りません。シューズボックス内をより広く使えます。

引っ掛けるだけ!季節家電のコードをすっきり収納


まだまだおすすめしたいシールフックの活用法、続いては季節家電のコード収納です。
季節家電を仕舞うとき、コードが床に広がり埃っぽくなってしまった!という経験をされた方も多いのではないでしょうか?
そんな悩みもシールフック1つであっさり解決できます。
やり方は簡単。家電本体にシールフックを貼り、そこにまとめたコードを掛けるだけ。
これでもう、コードを引きずりながら季節家電を出し入れすることはありませんね。

引っ掛けるだけ!季節家電のコードをすっきり収納

最後に、一番おすすめしたいシールフックの活用方法です。
それはずばり、子どものネーム収納ですね。

子どもが帰宅後、ネームをその辺に置きっぱなしにして、翌日見当たらずに慌てて探す……なんて経験はありませんか?
そんなときにもシールフックが大活躍してくれます。
子どもの衣装ケースなどにシールフックを貼って、そこにネームを掛けるだけで、ネームがどこにあるのか探さずにすみます。
カゴなどに片づけると、ぱっと見たときに「本当にしまったかな?」とすぐにわからないですよね。
見えるところに掛けておけば、ネームを定位置に戻したか親がすぐに目視確認できます。
さらに、衣装ケース前面などにネームを掛けることで、その子どもの表札になるというメリットも。
小さなものだけど、なかったら確実に慌ててしまうネームの収納にこそ、ぱっと見て存在がわかるシールフックによる収納がおすすめです。

暮らしの中に溢れている細々収納について、一度家中を点検してみることをおすすめします。大きな費用も手間も不要のシールフックを活用して、暮らしを快適にしていきましょう!