次に着るときにがっかりしない、
湿気やカビ、虫食いを防ぐ衣類のしまい方

衣替えをして出してきたお気に入りの服に、染みや黄ばみがあったり、カビが生えていたりして、がっかり……。そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。ウールやシルク、カシミア製品の場合は、虫食いの心配も。衣服をしまう前のお手入れのポイントと、しまい方のコツをご紹介します。

しまう前に、シーズン中の汚れをしっかり落とす

衣類についた食べこぼしや、汗や皮脂の汚れをそのままにしておくと、染みや黄ばみの原因になるだけでなく、衣類を食べる虫のエサになってしまいます。1度でも着用した衣類は、クリーニングに出すか洗濯して、しっかりしまい洗いを行います。

クリーニングと洗濯のどちらもできないアイテムは、ブラッシングで汚れを落として、風に当てます。外に出して干した場合は、しまう前にもう一度ていねいにブラッシングし、表面にいる虫や虫の卵を落としましょう。

また、たとえ見た目がきれいでも、普段の洗濯では皮脂汚れが落としきれていないことも。特に夏物の洋服をしまう場合は、洗濯済みでも、酸素系漂白剤を使ってもう一度洗うことをお勧めします。

自分で洗ったものはしっかり乾かし、クリーニングから戻った服は風に当てる

湿気は、カビや嫌な臭いのもと。また、衣類を食べる害虫は湿気を好みます。タンスやクロゼットに湿気を持ち込まないよう、自分で洗濯したものはしっかり乾かしましょう。アイロンをかけられるものは、アイロンをかけてからしまうと、さらに安心です。

ドライクリーニングから戻ってきた衣類は、溶剤が残っていることもあるので、ビニールカバーをはずして風に当てます。クリーニング店でかけられたビニールカバーは、輸送中のホコリを防ぐのが目的で、長期保管には適していません。使用を続けると、湿気がこもってしまうことも。ホコリが気になる場合は、通気性のよい不織布のカバーを使います。

衣服の収納は詰めすぎない!防湿・防虫アイテムの活用も

衣装ケースやクロゼットに衣服をしまうとき、ギュウギュウに詰めると中に湿気がこもってしまいます。衣服を食べる害虫は、湿気がある場所を好みます。通気性を保つために、衣服を詰めすぎないように気をつけましょう。

湿気が多い押し入れなどでは、防湿材や除湿シートを使って湿度を調整します。収納ケースと床や壁との間に隙間を作り、通気性を保つのに、すのこの活用も効果的。すのこを敷いた上に衣服の入ったケースを置いたり、壁との間にすのこを立てたりします。

虫食いを防ぐためには、防虫剤の使用もお勧めです。収納ケース、クロゼット、タンスなど、収納シーンに合わせた商品が出ています。

湿気やカビ、虫食いなど、衣類のダメージの原因はいろいろですが、しまう前のちょっとした気遣いで防ぐことができます。次のシーズンもお気に入りの洋服でおしゃれを楽しむためにも、お手入れをしっかりしたいものです。