キッチンやバスルームの収納に便利!
セリアのピンチバスケット

シンプルな形とモノトーンの色合いがオシャレなセリアのピンチバスケット。吊り下げ型なので、スペースが限られるキッチンまわりや、水アカが気になるバスルームの収納に便利です。我が家の活用例をご紹介します!

洗濯バサミ用のかごが収納グッズに

ピンチバスケットとは、洗濯バサミを入れるかごのことで、セリアをはじめ、他の100円ショップでも洗濯のコーナーにいろいろなタイプのものが並んでいます。

もちろん本来の使い方をして全く問題ないですが、セリアのモノトーンのタイプは見た目がオシャレなので、整理収納グッズとして、インテリアに使うのがおすすめです。耐荷重が350gであまり重いものは入れられませんが、縦11センチ、横18センチ、高さ11.5センチの程よい大きさ。2個3個と連結できるので、縦につなげると収納力がアップします。

活用例1 キッチンラックに吊り下げ

ごちゃごちゃしがちなキッチンまわり。炊飯器やトースターなどを置くキッチンラックがある場合、そこにピンチバスケットを引っ掛けて吊るすと、スペースをとらずにこまごましたものを整理できて便利です。

我が家ではふりかけやスティックコーヒー、ティーバッグなどを箱から出して入れています。あまり重くない調味料やふきんのストックなどを入れると、キッチンがすっきりしていいと思います。

活用例2 バスルームでは水切りできる

吊り下げる突っ張り棒などがあれば、バスルームでもピンチバスケットは大活躍します。バス用品をお風呂場の棚に置いておくと、いつしか水アカが付いて掃除が面倒になりますが、ピンチバスケットは底が水切りできる形なので心配ありません。

大きく重いボトルは入りませんが、我が家ではチューブタイプのトリートメントやメイク落としなどを入れています。子どものお風呂用おもちゃを入れるのもよいですね。バスルームがすっきりしますし、何よりお風呂掃除の時短につながります。

活用例3 遠出の際は車内で便利

そのほか、我が家では車内の収納にもピンチバスケットが一役買っています。運転席のヘッドレストにぶら下げると、後部座席に座ったときにちょうどよい高さで使えるので、遠出するときにウエットティッシュや日焼け止め、子ども用の小さなおもちゃ、ガーゼなどを入れています。頻繁に使う小物は、狭い車内でいちいちカバンの中から探すより、ここに入れておくと便利です。

家事のしやすさ、見た目のよさから、吊り下げ型の収納が注目されていますが、ピンチバスケットは吊り下げアイテムとしてとても有能だと思います。キッチンやバスルーム、その他の場所でも、ぜひ活用してみてください!