夏場こそ気をつけたい!
「お米」の保管方法

お米は、数キログラム単位の大きな袋で購入するご家庭が主流でしょうか。1袋を消費するのに数週間から1カ月程度かかるとして、夏場は特に湿気や高温による劣化が心配です。気を付けるポイントや保管のコツを知っておきましょう。

お米は密封し、容器は風通しのよい場所に

お米を保存する際に気を付けたいポイントは、ずばり「温度」「湿度」「空気」の3点です。

普通に室内で常温保存している方が多いかと思いますが、本来、お米の保存温度は「10~15℃くらいの冷暗所」がベスト。夏場は室温だとちょっと暑すぎることになります。少なくとも、直射日光のあたる場所は避け、風通しがよく涼しいところに保管しましょう。

お米は乾燥しすぎると米粒が割れる原因になりますが、湿度はもっと苦手です。キッチンに保管するときも、水回りや結露するような場所は厳禁。温度差が激しいところも、お米そのものが含む水分量に影響が出やすいのでNGです。

温度と湿度が安定した環境で、なるべく密封容器で保存。そうすると、酸化が防げて品質が保てる上、空気を遮断することで害虫の予防にもなります。

一緒に米びつに入れると防虫に役立つ食材

品質管理の行き届いた市販のお米では、保存期間に気を付けてきちんと保管していれば、害虫の食害に遭うことはあまりないかもしれません。ですが、やはり自然のものですから、油断大敵です。

米びつのフタに貼ったり、中に入れて使う虫よけの商品を利用したりするのもいいですが、成分などが気になる方は、「鷹の爪」を一緒に入れて保管するのでも効果があると言われています。
そのほか、ローリエの葉っぱを入れておくのもいいそうですよ。

昔ながらのライスストッカーは掃除に注意

米びつの底には、保存している間に米粒どうしが擦れたり、欠けたりして出る細かい粉状のカスがどうしても溜まってしまいます。このカスは、害虫やカビの大好物!お米は極力、毎回きちんと使い切って、定期的に米びつの掃除をしましょう。

ボタン一つでお米を計量してくれる「ライスストッカー」の場合、便利な反面、中のお米の状態は見えづらいもの。
このタイプは、お米を上から補充しても下から順番に出てくるので、前のお米を使いきっていなくても継ぎ足してしまいがちです。知らない間にカスが溜まらないよう、特に注意してください。

冷蔵・冷凍で低温保存するのは?

お米を冷暗所に保存するため、ジッパー付き保存袋やペットボトルなどに入れて、冷蔵庫の野菜室や、冷凍庫で保管している方もいるようです。

低温保存する場合に気を付けたいのは「温度変化による結露」と「乾燥」。カビや割れの原因になるので、出し入れのときには注意が必要です。特に、冷凍したものを再凍結すると、食味にも影響してしまいます。

また、買ってきた紙袋やビニール袋のパッケージのまま冷蔵庫・冷凍庫に入れるのは乾燥のもと。手間を惜しまず、容器に移し替えましょう。

見た目や香りの変化がほとんどないせいか、保存・保管の方法も「何となく置いてある」となりがちなお米。いつものご飯がさらにおいしく味わえるよう、ちょっとしたポイントに気を配ってみてくださいね。