夏野菜を上手に冷蔵庫で保存する方法

Author : 早樹
冷気に弱いと言われる夏野菜。買ってきたまま冷蔵庫へ入れておいたら、ずいぶん早く傷んでしまったという経験をされた方は多いのでは。これまでより、ほんのちょっと保存方法に気を付けるだけで、グンと保ちが良くなります。

冷蔵庫の野菜室と冷蔵室との違いは?

今さらですが、冷蔵庫の野菜室と冷蔵室、どう違うのでしょう。メーカーや機種によって若干異なりますが、冷蔵室はおおむね2~6℃、野菜室は3~8℃に設定されています。また、一般的に野菜室の湿度は、冷蔵室より高くなっているようです。

トマト、キュウリ、ナスといった多くの夏野菜は、温度も湿度も高めの野菜室での保存が適しています。もし野菜室がいっぱいでどうしても新たに買ってきた野菜が入らず、冷蔵室に保存する場合も、一時的なことにしたほうが良いでしょう。

野菜室で夏野菜を保存するときのポイント集

食卓によくのぼる代表的な夏野菜の保存方法をご紹介します。

・トマト

そのまま冷蔵庫に入れると、すぐ水っぽくなってしまうので、1つずつキッチンペーパーなどで包みます。包んだものを、フリーザーバッグに入れれば乾燥を防げて、さらに◎。なお、熟していないトマトを買ったとき、追熟させるなら室温で。熟してから冷蔵庫で保存します。

・キュウリ

トマト同様、水気で傷みやすい野菜です。水分がついたまま数本をポリ袋に入れて、そのまま冷蔵庫で保存するのはNG。1本1本、水気を拭き取り、キッチンペーパーなどで包み、フリーザーバッグに入れましょう。また、横に寝かせるより、野菜室の中で立てたほうが、保ちが良くなります。

・ナス

乾燥しやすいので、1つずつラップで包みます。ヘタを上にしてしまいましょう。スーパーなどでは数個が1袋に入って売られていますが、このまましまうと袋の中に水滴がたまり、ナスがカビる原因になります。

・ピーマン

エチレンガスを発するので、数個が1袋に入ったままだと、どんどん熟して傷みが進んでしまいます。ナスと同様、1つずつラップで包んで、保存しましょう。

・カボチャ

丸ごとのカボチャなら、風通しのよい場所で1~2カ月常温保存可能です。カットされたものは、傷みやすい種とワタをきれいに取り除いてから、ラップをして保存します。

チルドルームで保存したほうが良い野菜も

野菜の中には、野菜室よりも低温で保存したほうが、保ちが良くなるものもあります。夏野菜ではありませんが、日常よく使う野菜では、もやしやブロッコリーはチルドルームで保存するほうが日持ちします。

みずみずしい野菜を食べて、夏を元気に乗り切りましょう!