いつのまにか増えている保冷剤を
整理して、冷凍庫をすっきり!

お弁当を持ち歩くときに使ったり、タオルにくるんで首の後ろを冷やしたりと、何かと重宝する保冷剤ですが、買い物のときにもらって、帰宅後はそのまま冷凍庫へ……を繰り返すと、いつのまにか「邪魔者」になってしまうことも。適量をキープするコツをご紹介します。

いつ、どんなサイズの保冷剤がどのくらい必要なのか見極める

保冷剤

保冷剤を毎日使うのか、それともたまにしか使わないのか、また、1回にどれくらいの大きさの保冷剤がいくつあると便利なのかは、家庭によって異なるものです。

我が家の場合、日常的に使うケースで考えられるのは、お弁当の持ち歩き、食品のおすそわけ、やけどや虫刺されの患部を冷やすときです。このような場合は、凍った状態の小さめの保冷剤がいくつかあれば十分です。

一方、大きい保冷剤の出番は、年に数回、クーラーボックスを利用するときくらいです。使う前に凍らせればいいので、常に冷凍庫に入っていなくても大丈夫です。

保管場所を決めて、そこからはみ出す分は処分

保冷剤

日常的に必要なものだけ、冷凍庫に保管します。このとき、必要な量がぴったり納まるスペースを確保するのが、余分な保冷剤を持たないコツです。スペースに余裕があると、ついついポンと放り込んでしまい、いつのまにか増えている……ということになりかねません。

我が家では、普段から製氷ルームを冷凍庫として使っています。製氷ルームのスコップ置き場が、保管スペースとしてちょうどよい大きさなので、保冷剤の定位置となりました(写真左)。氷を入れる方には、保冷剤を入れないように決めています。

たまにしか使わない中サイズや大サイズの保冷剤は、このくらいあれば十分だろうという量を、ジャストサイズの紙袋に入れて棚に収納しています(写真右)。常温で保管し、使う前に使う量だけ冷凍庫に入れます。

この2カ所に入らなかった保冷剤は処分しました。ただ捨ててしまうのはもったいないという場合は、手作りの消臭剤・芳香剤の材料として活用する方法も。また、最近は、フリマアプリで販売されているのを見かけます。

必要量のみを冷凍庫に!ぴったりのスペースがないときのワザ

保冷剤

ちょうど良い大きさに区切られたスペースが、冷凍庫に見当たらないという場合もあるでしょう。そんなときは、保冷剤をタッパーや保管袋などに入れてから、冷凍庫に入れるといいですよ。1つの容器に入りきらない場合は、容器は最大いくつまでと決めて、それ以上は増やさないようにします。

何かと便利な保冷剤も、増えすぎると家事の邪魔になってしまいます。いつ、どんなサイズの保冷剤がどのくらい必要になるのかは、家族の活動パターンが変われば違ってくるので、必要に応じて見直しましょう。