【100均】超小型の「コンパクトタオル」で
お出かけ時の荷物量を激減!

Author : 早樹
子連れのお出かけは何かと荷物が多くなりがちですね。そこでおすすめしたいのが、100円ショップで売られている「コンパクトタオル」。指先に乗るほどの小さなサイズに圧縮されたパルプ製のタオルです。

「え、これがタオル!?」とびっくりするほどの小ささ

タオル類はあると便利ですが、かさばってしまいますし、汚れ物を持ち帰ることになります。それほど大きなタオルを必要としないお出かけなら、DAISO(ダイソー)商品の「コンパクトタオル」が便利。パルプ100%でできた圧縮タオルで、水につけて戻して使います。

3種類のサイズがあり、もっとも小さい「スモールサイズ」(緑色のパッケージ)は16x26cmで1袋20枚入り。一回り大きい「レギュラーサイズ」(赤色のパッケージ)は21x26cmで1袋8枚入り。もっとも大きな「ラージサイズ」(紫色のパッケージ)は23x35cmで1袋6枚入りです。

1枚1枚のタオルはギュッと圧縮されていますので、「〇枚」というより、1袋〇個入りと言うほうがしっくりきます。

それぞれのパッケージの前に、圧縮された状態の「コンパクトタオル」を1つずつ置いてみました。スモールサイズは指の第一関節と変わらないほどの小ささ。「レギュラーサイズ」と「ラージサイズ」も指先でつまめ、「これがタオルになるの?」とこの段階では不思議になるほどでした。

水にぬらしてタオルをほぐす

「コンパクトタオル」は水につけてほぐして使います。これは「スモールサイズ」をボウルの水につけた直後の状態。このようにむくむくと縦に膨らみ、最初はちょっとびっくりしました。

水を含んだ「コンパクトタオル」を広げていきます。

スモールサイズ」を広げた状態です。薄手で、ウェットティッシュを一回り大きくした程度のサイズです。ですが引っ張っても破けるようなことはなく、ウェットティッシュよりしっかりとした感触です。

ぬらした状態でも、乾かして使ってもOK

3種類の「コンパクトタオル」を広げた状態で並べてみました。左から「ラージサイズ」、「レギュラーサイズ」、「スモールサイズ」です。

「レギュラーサイズ」と「ラージサイズ」は、どちらも「スモールサイズ」より地厚でしっかりした手触り。上の写真で左側が「レギュラーサイズ」、右側が「スモールサイズ」です。

水につけてほぐした直後は当たり前ですが全体がぬれているので、水気をいかして汚れをよく拭きとれます。さまざまな成分が含まれているウェットティッシュが苦手という方にも向いていると思います。

なお、乾かして使うこともやってみました。洗顔した後にタオル代わりに拭いてみたところ、しっかりと水気を吸い取りました。乾いたものも1枚持ち歩いていれば、何かと重宝しそうです。

ポーチの中に「コンパクトタオル」をいつも数個入れておけば、十分にタオルやハンカチ代わりになると思いました。使い終わったら燃えるゴミとして捨てられる点も便利です。個人的には地厚な「レギュラーサイズ」と「ラージサイズ」が拭きやすくて気に入っています。