簡単にしまえてすぐに取り出せる♪
IKEAのウォールポケットを使ったレジ袋収納法

エコバッグが普及したとはいえ、まだまだもらう機会の多いレジ袋。部屋のゴミ箱にセットしたり、汚れ物を入れたりで再利用することもあるので、使いやすく保管したいものですが、我が家では「コレ!」という方法を見つけられず、困っていました。試行錯誤の結果たどり着いた、我が家のレジ袋収納方法をご紹介します。

レジ袋収納、我が家の条件は……

レジ袋収納が長年の懸案だった我が家。たたんで空き箱に並べ入れてみたり、袋状になった上の口からレジ袋を入れ、使うときは下に空いた取り出し口から取り出す「レジ袋ストッカー」のような便利グッズを導入したりしたものの、箱に入れての収納は出し入れであっという間にグチャグチャになり、ストッカーは容量不足でレジ袋がすぐにあふれだし……となかなかうまくいかないのが悩みの種でした。

我が家では、レジ袋は大きさに応じて生ゴミを入れたり、ゴミ箱にセットしたりして再利用するため、サイズ別に分類して保管できるのが理想。さらに、できるだけ省スペースで収納したいという事情もあります。そこで至った結論が……

ウォールポケットで解決!

ウォールポケットにレジ袋を分類収納する方法です。レジ袋の大きさ別にポケットを分けて片付けられて、出し入れ簡単。壁にかけられるうえにポケットの厚みは数センチ程度なので、冷蔵庫やラックの脇などに引っ掛けてスリム&コンパクトに設置できます。

IKEAで購入したこのウォールポケットは、洗面所用として販売されていたポリエステル製なので、同じく水回りであるキッチンで使うのも安心。我が家の条件には、うってつけです。

サッとしまえる、レジ袋のたたみ方

ウォールポケットに入れるレジ袋は、開かないようたたんでおくと、よりスッキリと収納できます。とはいえ、手間はできるだけ減らしたいので、レジ袋のたたみ方はできるだけ簡単な方法を採用しています。コンパクトにまとまりながらも、よくある三角形にするたたみ方よりもぐっと簡単(だと個人的には思います)な方法をご紹介しましょう!

まず、写真左上の点線でレジ袋を三つ折りにします。写真右上のように次に取っ手の部分を袋側へ折り、袋の部分を半分の長さでたたみます。さらに写真左下の点線で三つ折りにし、開いてこないよう底の部分にもう片方の端を差し込んで完成(写真右下)。空気を抜きながら折ると、すっきりスリムになります。

たたんでポケットにサッと突っ込むだけのレジ袋収納にしてから、買い物から帰ったあとの片付けが億劫でなくなりました。面倒くさがりの私でも続けられているこの方法、オススメです!