まとめてスッキリ!
あちこちでからまる充電器やケーブル類の収納法

スマートフォンやタブレットにゲーム機、カメラなどに付いてくる充電器やケーブルの数々。引き出しにまとめて収納しているものの、中でからまったり、どの機器のケーブルか分かりにくくなってしまったりするのが悩みの種です。そこで、使いたいときにサッと必要なものを取り出せる収納方法を探求してみます!

充電器やケーブルの収納法あれこれ

我が家の充電器・ケーブル収納は、とりあえず収納場所と決めた引き出しにポイポイ放り込んでいるだけ。探すときにココだけを見ればいいのでラクな反面、ケーブルがからまりやすく、1つ取り出すのに2~3本が一緒に出てくる有様です。あまりの見苦しさに、思わず写真をぼかしてしまったほどです。

これは改善すべし、ということで、充電器やケーブルの収納法について情報収集してみました。すると……

(1)引き出しを仕切り板やボックスで区切って収納
(2)はがきケースなど小型のボックスに1種類ずつ入れて重ねるor並べる
(3)仕切り付きの大きめペンスタンドやキャリーボックスに差し込む
(4)ファスナーやスライダーが付いた袋状の小型ケースに1種類ずつ入れて、引き出しや箱に収納

といったアイデアを発見。いずれも「種類ごとに分けて収納する」のがポイントのようです。我が家としては、既存の引き出しをそのまま使い、できるだけ省スペースで収納したいことから、(4)のアイデアを実行することにしました。

仕分けは無印良品「EVAケース・ファスナー付き」で

充電器やケーブルを入れるのは、100円ショップのファスナー付きビニールケースや、食品保存・旅行用のポリエチレン製スライダー付バッグなどが多いよう。なかでも人気なのが、写真の無印良品「EVAケース・ファスナー付き」です。

無印良品「EVAケース・ファスナー付き」は税込100円。100円ショップのファスナー付きビニールケース(税込108円)より少しお得なうえに、より割安な食品保存や旅行用のスライダー付きバッグに比べしっかりと厚みがあるので、充電器やケーブルの端子部分での破損の心配が少なそう。人気なのも納得です。

我が家もこの「EVAケース・ファスナー付き」を選びました。B6サイズとA5サイズがありますが、充電器やケーブルには縦約150×横約221mmのB6サイズがちょうどよさそうです。

種類ごとにまとめる収納で、引き出しスッキリ!

充電器・ケーブル収納の引き出しは、これまた無印良品のポリプロピレンケースのもの。引き出しの内寸高さが8.5cmの「浅型」なので、写真のようにケースを少し寝かせて収納しました。同じポリプロピレンケースでも「深型」は引き出しの高さが14cmあるので、EVAケースを立てたまま入れられます。引き出しも用意するなら、深型にするとよりピッタリ納まりそうですね。

充電器やケーブル類を種類ごとにまとめてケースに仕分けただけで、引き出しがかなりスッキリしました!書き込めるマスキングテープなどを貼って中身をラべリングしておけば、より使いやすい収納になりますね♪