【無印良品】冷凍室で活躍する無印良品グッズ

Author : MI
ご家庭によっては1番食品が収納されている冷凍室。共働きの我が家も庫内の中で1番食品が入っているのが冷凍室です。冷蔵室や野菜室は7割収納がベストとされていますが、冷凍室はたくさん入っていた方が冷凍効率を上げるそうです。しかしたくさん入れるということは収納も工夫しなければなりません。そこで今回は我が家の冷凍室で活躍する無印良品グッズをご紹介します。では早速ご紹介していきましょう!

無印良品・スチール仕切板

3サイズ展開のスチール製の仕切板。ブックエンドに使われることの多い形状ですね!我が家ではこちらを冷凍室に使っています。サイズは1番小さなサイズ。シンプルなカラーと定番商品が多いので何度も買い足しできるところが無印良品で購入する決め手でした。

収納が崩れるのを防いでくれます

冷蔵庫によりますが、冷凍室が引き出しのタイプが多いのではないでしょうか。我が家も冷凍室は引き出し。引き出しは広く見渡せるのでとっても便利ですが、引き出すたびに中の食品が動きごちゃついてしまうのも悩みの1つです。そこでブックエンドのように仕切板を使い食品が動きにくくしています。自分1人であれば気をつけるのですが家族が何度も引き出す冷凍室。ちょっとした工夫でごちゃつきを防ぐことできますよ。

冷凍ごはんには整理ボックス

多めに炊いて冷凍しておくことの多いごはん。ちょっと足りない日や、1人の昼食時など冷凍しておいたごはんや役に立つ場面は意外と多いんですよね!そこで無印良品の整理トレー①・②でとっても便利な冷凍ごはん収納ができます。

整理トレー①を使ってごはんをラップに包みます

整理トレー①にサランラップを大きめに敷き、炊きたてのごはんを適量入れます。ラップでしっかり覆います。

整理トレー②は幅や高さが整理トレー①と同じなので1食ずつサランラップで包んだ冷凍ごはんがぴったり収まります。奥行きがあり幅が狭いので省スペースで冷凍ごはん収納が叶う優秀な組み合わせです。

冷凍常備菜を平らに冷凍するのはこちらが便利!

休日に作っておくと便利な下味付きのお肉やちょっとしたデザート。冷凍しておくと日持ちもするので忙しい主婦にはぴったりだと思います。ジッパーバッグに入れた食材を冷凍するコツはなるべく薄くすること。早く冷凍され、解凍も早く、省スペースで収納できるからです。そこで無印良品のステンレスバットが大活躍!ジッパーバッグを寝かせて1番冷凍すれば食材を薄く平らに冷凍することできます。

ジッパーバッグを薄く平らに冷凍できると立ててスッキリ収納が叶います。見た目もスッキリ!目的のものが探しやすい!良いこと尽くしです。

冷凍室で活躍する無印良品グッズのご紹介、いかがでしたでしょうか?購入した食材を無駄なく使い切ることもできるので節約にも繋がります。是非参考にして頂けたら嬉しいです。