美しくて機能的な保存容器、
野田琺瑯のホワイトシリーズ

作り置きのおかずや、下ごしらえした食品を入れる保存容器。野田琺瑯のWhite Series(以下、ホワイトシリーズ)は、酸に強く、臭い移りの心配がないほうろう製。白い外見は、冷蔵庫の中をすっきりと見せます。直火・冷凍OKだから、調理からストックまでの流れも円滑。見た目も使い勝手も、というときにおすすめの保存容器です。

白いから庫内がすっきり!中身が分かりにくい点はラベリングでカバー

野田琺瑯のホワイトシリーズは、スクエア型やレクタングル型といった形のほかに、サイズや、蓋の種類にもバリエーションがあります。

我が家で愛用しているのは、「レクタングル深型 シール蓋付」のSサイズとMサイズ。EVA樹脂の蓋が付いているので、中に汁物を入れた状態で傾けても、漏れる心配はほとんどありません。

白い外見は、冷蔵庫の中がすっきり整頓された印象に。丸みを帯びた形は温かみもあり、そこが何とも魅力的なところです。

容器の中身が見えないため、引っ張り出したのがお目当てのものと違っていたので戻す、ということも起こりがちですが、そこをカバーするのはラベリング。いろいろ試しましたが、最近は、ダーマトグラフで直接書く方法に落ち着きました。

保存容器の材質は、ほうろう以外にもプラスチックやガラスなどがありますが、プラスチック製容器の場合、洗剤を使ってしっかり洗ったつもりでも、油汚れや臭いが残ってしまうことがしばしば。ガラス製の容器は汚れが落ちやすいですが、うっかり割ってしまったことも。ほうろう製なら汚れは落ちやすいし、割れる心配もありません。

直火OK。調理や温め直しのときは「鍋」として使えます

ほうろう製なので、直接火にかけて調理できます。冷めたら「保存容器」としてそのまま冷蔵庫や冷凍庫へ。汁気の多いおかずや汁物の温め直しの際は、シール蓋をはずして火にかけます。熱伝導がよいので、弱火や中火でもすぐに温まりますよ。

オーブンもOK。そのまま食卓に出しても

オーブンで焼くときにも使えます。冷蔵庫や冷凍庫から出し、蓋をはずしてオーブンへ。焼きあがったらそのまま食卓に。

焦げついてしまったときは、鍋の焦げを落とすときと同じく、水と重曹を入れて煮立たせてからスポンジなどでこすります。

酸や塩に強いので、マリネやピクルス、梅干し、漬物もOK

ほうろう製の容器は、酸や塩に強いので、酢を使った食品や、梅干しや漬物など、塩分の多い食品の保存に向いています。

ほうろうには、冷めやすいという特徴も。熱いマリネ液を入れた後、割と早い時間で荒熱が取れますよ。

電子レンジは使えません。使う場合は、電子レンジに対応した別の容器に移し替えますが、我が家の場合、電子レンジを使うのは、おかずを一部取り分けて温めるときくらいなので、これまで特に不便を感じたことはありません。