100均グッズで簡単DIY!カトラリーの収納アイデア

皆さんはスプーンが何種類もあって収納に困ることはないですか?我が家では、カトラリーセットにグレープフルーツスプーン、先割れスプーン、アイスクリームスプーン、ティースプーン、フォークとあって、種類が混ざると使うときにイライラ……。そこで100均アイテムを使った簡単なDIYで種類別に分けて収納します!

100円ショップの木製トレーと工作材料を用意

今回整理するのは、ティースプーンサイズのカトラリーです。それより大きいものは市販のカトラリーケースに収納しています。DIYに使う材料はDAISO(ダイソー)で売っていた「木製カフェトレー」と「工作材料直方体12個」の2つ。ズボラ人間のため「整理はしたいがなるべく簡単に済ませたい」という2つの欲求をできるだけシンプルに叶えるDIYです。

木製カフェトレーは、短辺の長さがスプーンのサイズに合うものを選んでいます。ここを誤ると元も子もないので、ご注意を。工作材料は1つの木片のサイズが約30×30×15mmで、これが一番小さいかなと思って選びました。もう少し小さいサイズがあればそれでもいいかもしれません。

間隔を測って、ボンドで固定

カフェトレーの長辺を測って、なるべく等間隔で木片を置いていきます。もちろん、スプーンが入る間隔は確認しています。

木片の厚みが15mmあるので少し幅をとりすぎな感じもしますが、前述の通りズボラなので、切ったり削ったりせず、そのままGO!トレーとの接着面にボンドを塗って、木片を固定します。

ボンドが乾いたら完成!

写真用にカトラリーを2本ずつ入れてみましたが、多少余裕があるので5本ずつくらい入れてもあふれることはなく問題ありません(実証済み)。木片はスプーンの上下にだけ配置しているので、取り出すときも手を入れやすいです。

いま我が家ではこれをテーブルスプーンやナイフ、フォークを置いているカトラリーケースの上に乗せて、引き出しの中で2段収納にしています。雑にスライドさせてもたいして乱れず、良い感じで収まっていますよ。

DIYともいえないほど簡単な工作でしたが、100均アイテム2つでカトラリー収納に一工夫でき、分別のストレスもなくなり満足しています。他にも文具や爪切り、体温計といった小物の分別収納にも使えそうなので、今後も応用していこうと思います。