洗濯ものもストレスも溜めない引き算家事

ポイント① 数を減らす

洗濯モノが溜まるの一番の原因は時間がないから・・・ではなく、単純に下着や肌着が多すぎるのです。

数が多いから

クローゼットから新しいものを取り出す

着る

洗濯する、干す、取り込む

たたまなくてはいけない洗濯物が増える

溜まる仕組みができてしまうのです。

そもそもクローゼットの中に新しい肌着や下着がなければたたんでいない洗濯物の中から取り出して使うようになり、自然に溜まらない仕組みになります。
取り込んだ洗濯物をお風呂や朝の着替えの時の動線の良い場所において家族にそこから着替えをとってもらうよう協力してもらいます。

これは衣類だけでなくタオルなども同じことです。

理想はたたんだ衣類やタオルを取り出して使いたいのかもしれません。だけどその時間がないのであれば数を減らし、家族の協力を得て「たたまない仕組み」をつくることも考えてみてはいかがでしょうか?

ポイント② 干した時のハンガーのままクローゼットにかけて収納

下着や肌着、ソックスなどは上記の方法で2、3枚をローテーションすれば問題は解決します。しかしトップスやボトムスは毎日とか二日に一回は同じもの・・・というのはちょっとつまらないと感じますよね?

そういうバリエーションが必要な衣類は、ハンガーにかけて干し、乾いたらそのハンガーのままそれぞれのクローゼットにかけるような方法もあります。
ハンガーにかけたまま収納するとたたむ手間が省略できるだけでなく、一目で探したい衣類が見つかるというメリットもあります。

たとえばたたんでしまうと袖の長さや襟の形がわかりにくい似たような色と素材下院の(ヒートテック)インナーやTシャツもハンガーにかけて収納することでパッとみてわかるので選ぶ時の時短にもなります。

 

家庭が安らげる場所であるために

私もかつては洗濯ものはきちんとたたんでしまうべき、と思っていました。だからできないときは「やらなくっちゃ」とイライラしたり、家族に申し訳なく思ったり。
しかし忙しい毎日限られた時間の中ではほかに優先することがあるのではないでしょうか?

きちんと洗濯ものをたたむ代わりに

子どもに絵本を読んであげる
今までより5分ゆっくりお風呂に入る
キッチンの洗い物を片づけて気分よく朝を迎える

家庭は「きちんとちゃんと」する場所ではなく、自分や家族が安らげる場所です。家族もきちんとたたんだ洗濯モノより、ニコニコしている妻やママでいてくれるほうが嬉しいはず。「~すべき」に縛られず自分が気分よくいられるよう何かを引き算してみませんか?