【無印良品】大人気!ウェットティッシュケース収納術

Author : MI
シンプルで考えられたグッズを次々に発売している無印良品。本来の用途とは違うけど、使ってみたらすごく快適!!という工夫次第で便利な使えるのも無印良品の良いところです。
今回は大人気で一時店頭から消えた「ウェットティッシュケース」。考えられた作りと、他にも便利に使える収納術をご紹介します。

どんな空間にも溶け込むシンプルな作り

真四角で無印良品の商品に多い優しいホワイト。どんなインテリアにもさっと溶け込むシンプルな作りです。角が丸く小さいお子様がいるご家庭でも安心して使えるところも良いと思います。

こちらは無印良品のウェットシートとトイレ掃除クリーナー。ストックして置く時にもシンプルなデザインはすごく助かります。ウェットシートケースは無印良品の商品以外にも、サイズが合えば使うことも可能。他にもフローリングワイパーの取り替えシートなどを入れておくこともできます。

口が大きく取り出しやすい作り

実際にウェットシートを入れるとこんな感じです。今までの色々なケースを試したことがありますが、どれも取り出し口が小さめ。詰まって出てこないこともあってプチストレスでした。しかし無印良品のウェットシートケースは取り出し口が大きい!中のシートが乾かないように中蓋にはパッキン付きです。

キッチンで使う使い捨てビニール手袋の収納に便利!

料理中や片付けによく使う「使い捨てビニール手袋」100円ショップで購入しているのですが、箱が紙製なので水回りには不向き。そこで口の大きいウェットティッシュケースを利用して、収納してみました。手袋を三つ折りにして箱に入れると1枚ずつきれいに取り出せます。水回りで使うものの収納にぴったり!

メラミンスポンジも取り出しやすい!

水回りの掃除に活躍してくれるメラミンスポンジ。カットされている便利なものが販売されているのでよく購入します。真四角で小さいので収納する場所に困っていたのですが、ウェットティッシュケースに収納してみました。口が大きく取り出しやすく、補充もラク!!同じく水回りで使うので素材もぴったりでした。

今回は大人気の無印良品のウェットティッシュケースの活用方法をご紹介しました。
本来の用途としても非常に使いやすく、シンプルなので様々なものの収納に使えそうな予感。
是非試してみてくださいね!!