おもちゃ収納は工夫次第!
手早くすっきり片付けるコツ

すぐに散らかるおもちゃは悩みの種

さっき片付けたばかりのおもちゃが、もう散らかっている…。子育て中の家庭でよくある光景ではないでしょうか。すっきりとした部屋で暮らしたいという理想と、なかなか片付かない現実の間で悩むこともあるでしょう。

なにかと忙しい毎日の中で、手早くすっきりとおもちゃが収納できたら、うれしいですよね。今回は、そんな悩みを持っている時に役立つ、収納アイテムをご紹介します。お気に入りの一品を見つけてくださいね。

片付けがしやすいおもちゃ収納とは?

部屋の片付けをしようと思った時、定位置が決まっていなかったり、片付ける場所が遠かったりすると、大人でも億劫になってしまうものですよね。それが子どもなら、尚更です。実は、子どもにとって片付けがしやすいポイントがいくつかあるのです。

子どもの目線の高さにあること、蓋がなくて出し入れがしやすいこと、どこに何が入っているか一目でわかること。これらのポイントを押さえるだけで、子どもも大人もぐんと片付けがしやすくなりますよ。

おもちゃ収納を使うメリット

おもちゃ収納は、子どもが片付けやすいポイントを押さえたものが多くあります。そのため、子どもが自分で片付けるという習慣を自然と身につけられます。

子どもがまだ小さい場合は一緒に片付ける習慣ができたり、自分ひとりで片付けられるようになったりすれば、部屋がきれいになるだけではなく、時短ができて時間や気持ちに余裕が持てるので、一石二鳥ですね。また、おしゃれなおもちゃ収納を使えば、部屋の印象がワンランクアップしますよ。

便利なおもちゃ収納グッズの紹介①~無印良品のスタッキングシェルフ

無印良品のスタッキングシェルフはシンプルな形で、子どもの成長や好みに合わせて組み替えられるので、長く使えるおすすめのおもちゃ収納です。子どもの目線の高さに棚板があって片付けやすいのがうれしいポイントです。

大きさにばらつきがある絵本だって、立ててすっきりと収納できますよ。専用の引き出しパーツや、サイズがぴったりなカゴもあるので、おしゃれに見せながら、ざっくりと片付けられます。

便利なおもちゃ収納グッズの紹介②~カラーボックス

種類が豊富でリーズナブル、カラーボックスはおもちゃ収納の定番です。一つは持っているという家庭が多いのではないでしょうか。そんなカラーボックスは、縦に置いたり横に置いたり、メーカーによっては棚板の高さを調節できるものがあるので、子どもの成長やおもちゃのサイズに合わせて自由な使い方ができます。DIYで扉や仕切りをつければ、より収納力がアップします。

インナーボックスを使えば、ぽんぽん入れるだけできれいに収納ができるので、つい増えがちな細かいおもちゃの収納にも便利です。

便利なおもちゃ収納グッズの紹介③~おもちゃ収納ラック

引き出しやバスケット、絵本棚が一体になったおもちゃ収納ラックは、子どもが楽しく片付けられる工夫を凝らしています。子どもが使うことを前提としており、軽さや使いやすさ、安全性が高いのが特徴です。

子どもの目線でもどこに何があるかすぐにわかり、自分でおもちゃの仕分けができるので、子どものやる気がアップしますよ。さまざまな色や形のおもちゃも、おもちゃ収納ラックを使えばすっきりと片付けられます。

便利なおもちゃ収納グッズの紹介④~レゴマット

レゴやブロック、電車にミニカー、ビーズ、おままごとセットなど、床で遊ぶおもちゃはあっという間に散らかって、一つ一つ拾うのは時間がかかるもの。そんな時に便利なのがレゴマットです。

マットの上で遊んだ後、ひもを引っ張れば袋状になってあっという間に片付けが完了します。そのまま収納するだけなので、時短が叶いますよ。市販されているものもありますが、好みの色やサイズで手作りすることもできます。

おもちゃを手早くきれいに収納して、すっきりとした暮らしを手に入れよう

手早く簡単に片付けられるおもちゃ収納を紹介しましたが、いかがでしょうか。おもちゃ収納を使って、子どもが片付けやすい環境を整えれば、楽しく遊んで散らかしても、子どもが自分で片付ける習慣を身につけられますよ。ほんの少しの工夫をして、すっきりとした暮らしを手に入れましょう。