すぐに実践できる!簡単おしゃれなキッチン収納術を大公開

一人暮らしでも活用OK!時短につながる、キッチン収納のススメ

食器や調理器具、食材に調味料とたくさんの物が存在するキッチン。しかも、その形や大きさは様々で、「どう整理していいかわからない…」と悩む人も多いはず。散らかったキッチンだと、はかどるものもはかどらず、ストレスがたまりますよね。

「なんとなく使い勝手が悪い」と思っているあなたも必見!ニトリや無印、100円ショップのアイテムで簡単にできるキッチン収納術で、限られたスペースを有効活用しましょう!

収納を考えるときのポイントは「ジャンル」と「使う場所」

まずは、キッチンで使われている物をジャンル別に見直すことから始めましょう。調理器具、ストックの食材や洗剤などの消耗品、普段使い・来客用・季節の食器…。ジャンル別で今使っているものと使っていないものに分けて整理していきましょう。

そして、次は使う場所。フライパンや鍋はコンロの近く、包丁やボウル、洗剤はシンク下というように、今使っているものを使う場所の近くにしまうことが、キッチン収納のコツです。

シンク下・コンロ下収納を見直して、使いにくいキッチンはもう卒業

案外、上手くスペースを使えてないのがシンク下やコンロ下。開き戸タイプは収納ラックを使うと、空間を縦にも横にも有効活用することができます。また、扉にボックスを取り付け、ゴミ袋などを収納するなど定位置を作ると、しまう時も使う時も迷うことがありません。

そして、調理器具の中で場所を取るフライパンや鍋はファイルボックスを使って立てて収納すると、スムーズに取り出せるうえに収納力もアップして一石二鳥です。

ごちゃごちゃしがちな引き出しも、アイデア次第でスマートに。

キッチンツールをついつい放り込んでしまう引き出しは、浅型の収納ケースを使うとスッキリ使いやすく生まれ変わります。

まずは、引き出しのサイズに合わせて浅型の収納ケースで間仕切りを。一つのケースにツールを入れすぎないように、「炒める」「切る」「すくう」といった用途別に分類して収納すると、探す手間なく取り出せます。

調味料収納を工夫すると、料理の効率がグンとアップ!

「使ってはしまう」を繰り返す調味料。料理の効率アップは、調味料の出し入れがスムーズに行くか行かないかがカギと言っても過言ではないのです!

よく使う調味料は、ラックを使って取りやすく、見せるディスプレイを。選ぶラックを2段にすれば、収納力も倍に!容器も透明なものでデザインを統一すると、見た目もスッキリして、残量もわかるのでストックの買い足しにも便利です。

レンジ台の隙間に合うスパイスラックを見つけて、おしゃれだけでなく使いやすく収納しましょう。

吊り戸棚収納のポイントは、「手が届きにくいからこそわかりやすく」

吊り戸棚の収納は、頻度によって場所を分けましょう。頻度の低いものは高いところへ、よく使うものは取りやすい高さのところへ。100円ショップでも取っ手付きの収納トレーなどが売られているので、上手く活用してみましょう。

カラーをホワイト系に揃えて生活感を隠すのも手です。また、中に何が入っているかをわかりやすくラベリングすると、物が迷子になりにくくなります。なかなか取り出さないものだからこそ、忘れないような工夫を取り入れたいですね。

収納が足りないなら、お手軽ラックをDIYしよう

シンク・コンロ下やスパイスを整理するラックを探しても、キッチンに合うものが見つからない!ということも。そんな時は、自宅のキッチンに合わせてお手軽ラックのDIYがオススメです。

収納スペースの確保には、デッドスペースを生かすのが鉄則!100円ショップのスノコやワイヤーラック、突っ張り棒を組み合わせると、簡単にDIY棚を作ることができます。身近な素材でできるので、気軽に挑戦してみては。

目指すは、「散らからないキッチン」!使い勝手に合った収納術を見つけよう。

物の定位置が決まると、自然と片付けや掃除も苦にならなくなり、スッキリとしたキッチンが保てるはず。ただ、定位置が決まるまでは少し踏ん張りも必要…。でも、一気にやろうと思うと途中で疲れてしまうので、少しずつ整理していきましょう。

キッチンが使いやすくなると、ストレスなく料理が作れるようになり、結果時短にも繋がるかも。そんなキッチンを目指して、自分に合った収納方法を見つけてくださいね。