おしゃれな押入れ収納術!小物を使って空間を上手に効率良く収納しよう

押入れの使い方がイマイチ苦手でなんとなく雑然としてしまったり、いかにも物置的な感じになってしまう人も多いと思います。でも!押し入れはちょっとした小物使いや工夫でおしゃれな見せる空間にもできるんですよ。

押し入れは工夫次第で空間すべてを有効活用できる

押し入れは日本の和室の収納スタイル。上下の棚に分かれていて奥行きや幅が広かったり、下の段が使いづらい、無駄になってしまっているスペースが多いと感じる人もいるかもしれません。でも、アイデア次第ではとっても使い勝手のいい収納場所に変わるんですよ。衣類や布団をしまう場所としてだけでなく、見せるインテリアの一部としても活用できます。

準備するものは100均にあるもの、お手頃なインテリア雑貨で充分です。それでは基本的な押し入れの収納方法を紹介します。

おしゃれに見える押し入れの収納術にはこれが便利!

押し入れのスペースを効率よく使うなら、ちょっとした小物やツールを使うと驚くほどたくさんのものが入ります。今は、100均や手頃なインテリア雑貨がたくさんあるので、リフォームなどしなくても押入れを素敵なクローゼットにすることは可能です。

ポイントは、自由な発想。押し入れイコール収納場所・隠す場所と思わずに、リーズナブルなグッズを使って変身させましょう。スペースを最大限に使って、素敵な部屋の一部として活用してください。

無印の衣装ケースは大きさ豊富で便利

無印良品の衣装PPケースは、縦横高さのサイズが豊富なので使い勝手が抜群。他のものを収納するスペースに合わせて大きさを選べます。押し入れのスペース全てに置けばたっぷり衣類を収納可能。半透明なので中身も見やすく価格も手頃なので、ぜひ活用しましょう。

ニトリの収納グッズも欠かせない

ニトリのカラーボックスも手頃な価格で便利です。こちらは衣装ケースのように中が見えないので、細々したものやパッと開いて目について欲しくないものを入れたりするのにもいいですね。取り出しやすいような取手の穴があるので、引き出しのような感覚で使えます。高さや大きさ、色も選べるのでインテリアに合わせて使うことができます。

服は上から吊るすとシワにならずにすっきり

押入れで長い丈の服を収納するのは難しい、と思いがちですがそんなことはありません。ワンピースやコートなどの洋服を収納するなら、上の棚に丈夫な突っ張り棒をつけると、押入れでデッドスペースになりやすい上部もハンガーラックとしてバッチリ使えます。ロング丈はハンガー2本を使って裾の方をあげて置けば、シワにならずに済みます。横幅が広い押し入れならどんな大きさのハンガーでもかけられるのでコートなども収納できます。また下の余ったスペースには、シーズンオフの靴や衣装ケースなど置けるので無駄がないですよね。

布団の収納はこれが便利

布団を収納するなら布団専用のラックがおすすめです。衣装ケースの上などに置けて、その上に布団を乗せられるので、通気性も良く保管できます。こちらもまた押入れの上部スペースを上手く活かした収納術ですね。

キャスターが付いたボックスなら出し入れしやすい

押入れは奥行きが深いものもあります。奥の方にものをしまってその手前にまた何かを置くという収納の仕方にしてしまうと、奥のものを取り出すときがとても面倒ですよね。でも前側にキャスター付きの収納ボックスを使えば簡単に動かせるので、奥にしまったものを出し入れしやすくなります。

ニトリのキャスター付きのワゴンや収納ボックスは値段も手頃でおすすめ。移動がしやすい棚やケースがあるととても便利ですね。

押入れの収納は小物を上手に使ってすっきりおしゃれに

大掛かりな模様替えやリフォームをしなくても、押入れの収納を工夫するだけで、部屋のスッキリ感が変わります。上手にグッズを活用してデッドスペースをなくす工夫をすれば、今までよりもたっぷりそして快適に収納できます。細々したものを収納するなら外から見えないケースを使ったり、服を吊るすなら突っ張り棒を上の方につけるなど、100均でも手に入るもので十分です。

押し入れは収納スペースとしてだけではなく、パソコンやミシンなどを置いた作業台として、または本棚として、花や絵などを置いたりすれば立派なインテリアになります。カーテンやお気に入りの布で隠してもいいですよね。ぜひ創造力を働かせて自由な押入れスペースを楽しんでくださいね。