片づけを成功させるには時間を味方につける

「もっと効率的に暮らしたい、そのために片づけたい!とは思うものの実際なかなかうまく進まない」
そんな悩みはありませんか?あなたの大切な時間を増やすための、時間を味方につけた片付けをご紹介します。

こんにちは。あなたの「忙しい」を「充実している」にかえる東京のライフオーガナイザー下村志保美です。

仕事に家事にと目いっぱいすべきことはあるけれど、子どもとの時間や自分趣味を楽しむ時間もほしい、私たちはよくばりです。そしてそのためには家が片づいていたほうがいい、そのこともみんな知っています。わかっているのにできない、それはどうしてでしょうか?

もしかしたらその原因は「時間がない!」ではありませんか?

私たちは片づけをはじめるとき
・何をどこに収納しよう
・どんな収納用品を買おう
こんなことは考えますが「いつやろう」を決める人はとても少ないのです。時間ができたらやろう、そのうちやろう、と後回しにしてしまっていませんか?
そうならないためにはポイントが3つあります。

1. いつやるか、を決める

片づけよう!と決めたらまず時間の確保をします。スケジュールに入れてしまうのです。もしかしたらほかに優先したいことがあるかもしれませんが、それではいつまでたっても片づきません。いつやるか、スケジュール帳に入れる、それだけで実行力が上がります。

2. 時間をはかる

毎日ポストに入ってくる郵便物、子どもの学校のプリント、日々の洗濯物、「今日は忙しいから」「疲れているから」と後回しにしていませんか?
一度これらの時間を計ってみましょう。キッチンタイマーでもいいですし、スマホのタイマーも手軽です。
郵便物の処理って1、2分で終わりますし、学校プリントの整理も1日分なら1分。洗濯物をたたむのも5分あればできます。

どれくらい時間がかかるのかが分かれば「それなら終わらせてしまおう」という気持ちになれます。

3. 溜めない工夫をする

一日分の郵便物、プリント、洗濯物の片づけは10分あれば終わります。
しかしこれを1週間分溜めてしまうと70分。1時間以上かかってしまいます。
せっかくの休日、こんなことに時間を使いたくない!とまた溜まってしまいます。
溜めないための工夫をしましょう。

A.プリントは即決で

参観日のお知らせなど原本保管の必要がないものはスマホで写真をとって紙自体は処分します。
書類系は「捨て時」が難しいから溜まるのです。
家に入ってきたら「とりあえずとっておこう」はやめて保管か処分かは即決断。すぐに捨てれば後で見直してから捨てる手間が省けます。
「とりあえず」で得られる小さな安心が後々のあなたの大きな時間を奪います。

B.洗濯物はたたまない

しわが気にならない下着類やタオルはたたまず投げ込む収納、シャツ等は干したハンガーのまま吊るす収納に。
きちんとたたもう、ちゃんと収納しよう、この気持ちを手放すだけで「時間がないからあとでやろう」がなくなります。

きちんとたたまなくても、「あとでやろう」を溜めなければ「ちゃんと片づけた」になるのです。

時間を味方につける片づけ まとめ

1. 片づけるタイミングをスケジューリング
2. 時間を計る
3. 溜めない工夫(即決、たたまない)

片づけの味方は収納用品だけではありません。
「時間がない!」そう考えると時間はあなたの敵になってしまいます。
時間はあなたにとって暮らしを豊かにしてくれるもの。時間を味方につけることであなたの大切な時間を増やすことができます。