片づけは「持っていたい」を味方につけるとうまくいく

昨今は断捨離やミニマリストなど、ものを減らす片づけのブームが続いています。
しかし一方で「ものが捨てられないから片づけられない」と悩む方も多いのも事実。

ではモノが捨てられないと片づけられないのでしょうか?
実は「捨てる」が苦手な人は捨てるから始めない片づけがうまくいくのです。

使えなくても「持っていたい」ものがある

片づけるためにどれを捨てようか、と捨てるものを探すとき私たちは
「使える、使えない」「使う、使わない」ものに焦点を当てて捨てるものを選ぼうとします。

そして最初に目にとまるのが、思い出のもの。確かにもう使えないし使わないものかもしれません。
だけど捨てたくない、持っていたい。捨てられない!
と、そこで片づけが止まってしまいます。

明らかなゴミは別として私たちは使えなくても、使わなくても持っていたいものはあります。自分の気持ちではなく、ものに焦点を当て無理に捨てようとするからしんどいのです。

ではどうやって片づけを進めればいいのでしょうか?

「持っていたい」を選ぶとうまくいく

視点を変えて捨てるものではなく自分が持っていたいものを選んでみましょう。

たとえばクローゼットであれば一旦自分の洋服をすべてクローゼットから出します。

そして持っていたい順番に戻していきます。
・着心地がいい服
・着ていると褒められる服
・着ていると気分が上がる服
・仕事で必要な服
・思い出の服
理由はなんでもいいのでどうして残したいのか理由を考えながら戻していきます。
理由を考えながら戻していくと自分がどういう洋服が好きなのか、が明確になるのと同時にどういう洋服はあまり着たくないのかも分かってきます。

「持っていたいもの」だけを買う

自分の着たい服、着たくない服がわかるということは新たに洋服を買うときにも役に立ちます。「流行っているから」「誰かが着ていて素敵だったから」「持っていない色だから」という何となくの理由での買い物が減ります。

・ワンピースが流行っていても自転車に乗ることが多い私の生活には合わない
・素敵なデザインでもヒールに合わせないといけない服はヒールが苦手な私には無理
・持っていない色のジャケットがほしいけど自分にはしっくりこない色だから買わない

こうやって買い物の仕方が変わるとクローゼットの中は「着たい」服が増えていき、「着たくない服、持っていたくない服」は自然に手放せるようになります。

「捨てる」は片づけの結果

不思議なもので持っていたいものを選び続けていると捨てるものがどんどん見つかります。持っていたいものを選ぶということは自分にとって必要なもの、不要なものが見えてくる作業。捨てるものは持っていたいものを選んだ結果出てくるものです。

物を減らしてすっきりしたい!と思うのであればクローゼット、靴箱、食器棚、押入れ・・・家中の「持っていたいもの」を選び続けましょう。

「持っていたい」でワクワク片づける

「捨てる」を選ぶことはネガティブな気持ちになります。
一方「持っていたい」を選ぶことはポジティブな気持ちになります。

「捨てる」を選ぶ片づけは「片づけなくては」という義務感。
「持っていたい」を選ぶ片づけは「片づけたい」というワクワク感。

「捨てる」を選ぶ片づけは物に焦点を当てたものが主役の片づけ。
「持っていたい」を選ぶ片づけは自分に焦点を当てた自分が主役の片づけ。

自分の人生の主役は自分です。

どちらの片づけがうまくいきそうですか?
どちらの片づけを続けられそうですか?

自分に合った方法を見つけてみてくださいね。