朝ごはんのおすすめ時短レシピを紹介!朝食をしっかり食べて一日元気に頑張ろう

朝は自分の準備だけでなく、子どもの保育園や学校の支度でどうしてもバタバタしてしまいがち。朝ごはんがおろそかになっていませんか?
朝ごはんには大切な役割があり、きちんと毎日食べることに意味があります。朝ごはんを食べないと身体の調子が上がらず集中力に欠けてしまい、仕事や学校などで支障が出ることも。
この記事では、忙しい朝でもしっかり朝ごはんを食べるために時短レシピを紹介していきます。忙しくて朝ごはんを食べる余裕のない人は、ぜひ参考にしてくださいね。きちんと朝ごはんを食べて毎日健康的な生活を送りましょう!

朝ごはんを時短で作るには

朝ごはんを時短で作るには、どのような方法を取り入れればいいのでしょうか。
朝ごはんは、メニューによって作る時間がかわります。ごはん食の人やパン食の人など様々。時短レシピを上手に活用すれば、料理のために早起きをする必要はなくなるでしょう。ちょっとの一手間で簡単に完成させることができますよ。朝ごはんで悩んでいる人のために、時短が叶う朝ごはんのレシピを詳しく紹介していきます。

朝ごはん時短レシピ①ごはんメインの朝ごはん

ごはんがメインとなる朝ごはんの場合は、前日におかずや味噌汁を多めに作っておくことがポイント。
朝は温め直すだけなので、時短が叶います。常備菜や作り置きのおかずを活用すれば、朝の忙しい時間にバタバタすることはありません。
ごはんがメインの場合のおすすめメニューは、丼ものとおにぎりです。
しらす丼はさっぱりしているので、朝ごはんに最適。しらすやネギをごはんの上に乗せたら醤油をかけるだけなので、あっという間に完成します。おにぎりも握るだけなので、3分あればできますよ。おかずを別のお皿に乗せる必要はないので、洗い物も減らすことができます。

朝ごはん時短レシピ②トーストメインの朝ごはん

トーストがメインとなる朝ごはんの場合は、具材を乗せて焼くだけのトーストがおすすめです。
野菜など具材はしっかりと乗せるので、栄養も抜群。
目玉焼きを乗せたトースト・納豆トースト・チーズやトマトを乗せたピザ風トースト・前日のカレーを乗せたトーストなど、アイディア次第でレパートリーが広がります。
バナナなどフルーツを入れたヨーグルトを添えれば完璧。子ども受けのいいメニューの完成です。料理にかかる時間は5分程度。朝からゆっくり食事を楽しむことができますよ。

朝ごはん時短レシピ③電子レンジを使って作る朝ごはん

電子レンジは朝のバタバタを助けてくれる優秀なキッチン家電。
電子レンジを使用しながら、朝の支度を同時に行うことができるからです。
おすすめのレシピは、リゾット。具材はあらかじめ切ってあるストック食材などを使用します。ごはんと野菜、ソースを入れて電子レンジで温めるだけで完成。特に手は加えることなくすぐに食べることができるので、忙しい朝でもしっかりと朝食を取ることができます。

朝ごはん時短レシピ④缶詰を使って

缶詰は、時短を叶えてくれるお助けアイテムの1つです。
いわし缶やさば缶は、缶詰から出したらすぐに食べることができます。ごはんと合わせて混ぜごはんにするのもおすすめ。上にネギや大葉を散らせたら、あっという間に豪華な朝ごはんが完成します。
ツナ缶は、洋食でも和食でも活躍してくれる万能アイテム。焼き鳥缶やトマト缶も定番です。
缶詰は自宅にいくつかストックしておくことをおすすめします。

朝ごはん時短レシピ⑤ストック食材を利用

納豆・卵・ベーコンやソーセージ・豆腐など、ストックしてある食材を上手に利用しましょう。
納豆や豆腐なら出すだけですし、卵・ベーコン・ソーセージは焼くだけです。これなら5分もかからず完成。朝ごはんを作るからといって、早起きする必要がないのは嬉しいポイントです。
ワンプレートで盛り付ければ見た目もおしゃれに。野菜は茹でた状態で保存しておけば、付け合わせとしてもサラダとしてもサッと食卓に出すことができます。

朝ごはんを食べて元気に一日のスタートを!

朝ごはんは早起きをしなくても、工夫次第で時間をかけることなく簡単に作ることが可能です。
1日のエネルギーを作り出す大切な働きがあるので、常備菜などを上手に活用し、毎日欠かさず朝ごはんを食べましょう!