間違ってるかも!?ふっくらおいしいご飯の冷凍方法|ポイントは急速冷凍

冷凍ご飯は便利でよく使うものの「おいしくない」って思いませんか?また、炊くほどではないけどちょっとご飯が欲しいなということもよくありますよね。そんな時のために「冷凍ご飯」の知らないと損する、おいしく保存できる方法をご紹介いたします!

冷凍ご飯をおいしく保存する方法のコツは「急速冷凍」!老化させない!

なぜご飯が炊きたて以外がおいしく感じないのか?ということには理由があります。
・長時間加熱(保温状態)すると、でんぷん化が進むため黄色に変色&においが発生してしまう
・乾燥しやすく、水分量が減ってしまい食感が損なわれる
・ご飯自体の温度が2~3度の時(冷蔵状態)で劣化が進みやすい

上記の理由から、保温、冷蔵で保存していてもご飯がどんどんおいしくなくなってしまうことがわかります。この状況を打破できるのが「冷凍保存」です!

ご飯はとっても劣化してしまいやすい食品であることがわかりました。劣化して、おいしさを損なわせないためには「急速冷凍で脱水状態にする」のが解決方法です。でんぷんの劣化を防ぎ、解凍したときにふっくらのご飯を保つことができます。

これはご飯だけに限ったことではありません。野菜やお肉、そのほかの調理済みの料理でも冷凍するときには「急速冷凍」がおすすめなのです。急速に冷凍することで食材のおいしさを逃がさず閉じ込めることができます。

「ご飯の急速冷凍の方法」はほかの食材でも使える方法です。ぜひ使いまわしてみてください。

おいしいご飯の冷凍方法を知ろう!やってしまいがちな間違い方法

ご飯を冷凍させるときに一番多いのが「保温していたご飯が食べきれない時」ではありませんか?しかし、保温状態がご飯の劣化を進めているので、すでに「おいしくないご飯」になってしまっています。

「余ったご飯を冷凍する」という考えから「炊きたてのご飯で、ストックを作っておく」というように意識に変えておくことがおすすめです。ご飯を炊きなおさずに、食べたい時に便利に使えるストックを持っておくことは時短・節約にもなります。同じ冷凍ご飯ならおいしいほうがいいですよね。

冷凍方法手順|ポイント解説付き

保存手順
1.炊きたてのご飯を1回に解凍したい分量に分けて、ラップに包む
多めの分量でラップに包むと解凍に時間がかかります。できるだけ小分けにしましょう!
なるべく平らに、薄くなるようにして包むようにします。解凍ムラを少なくし、時間も短縮できます。
※おさえすぎて粒をつぶさないように注意!解凍後べちゃっとした食感になってしまいます。

2.室温で粗熱をとる
早く冷やすことや急速に冷凍することがおいしさを逃さない秘訣です。熱をすばやく食材から奪ってくれる「熱伝導性のよい金属製(アルミ製など)のバット」にのせるのがおすすめ。金属製のバットがない場合はアルミホイルでも代用できます。

3.粗熱が取れたら、バットにのせたまま冷凍庫へ入れる
この時、さらにジップロックに入れるのもおすすめ。冷凍庫内での乾燥対策になります。

4.ご飯が冷凍されたらバットを外して保存してOK

冷凍ご飯の保存期間の目安は1か月|すぐが一番おいしい

ご飯は、冷凍して3日以降は徐々に劣化していくといわれています。最長でも1か月以内を目安に解凍して食べるようにしてください。それ以降でももちろん食べられますが、おいしさはは保証できません。おいしく食べたい場合は、冷凍後なるべく早めに食べるという意識を持っておいてください。

冷凍ご飯をできるだけ早め意識して食べるためや、複数冷凍している場合は解凍する順番を間違わないためにジップロックやラップに冷凍した日付を記載しておくのいいでしょう。

解凍方法もおさえましょう!電子レンジでラップなしもOK

解凍は電子レンジでで行います。電子レンジの機能でご飯解凍のボタンやメニューがある場合もあるので、活用してみてもいいでしょう。

冷凍ご飯の場合は「自然解凍」はNGです。理由は、ご飯の劣化が進んでしまう温度や湿度になってしまうため。解凍中にどんどんおいしくないボロボロのご飯になってしまいます。

冷凍ご飯の回答方法「重要」:凍ったまま、電子レンジで加熱解凍する 忘れないようにしましょう!

基本的にはラップをしたまま、電子レンジで加熱すればいいのですが、やわらかめのご飯の場合はラップを外して解凍してもおいしく加熱できます。逆にラップをしたままだとべちゃっとした食感になってしまうこともあるので注意が必要。

電子レンジで加熱解凍中に、途中でご飯をほぐすと解凍ムラをなくせます。また、ラップのご飯を裏返すだけでもOKです。

おいしい冷凍ご飯の作り方まとめ

ここまで紹介してきた、おいしい冷凍ご飯の作り方をまとめておきます。忙しい時には、ここだけをチェックすればOKです。

1)炊き立ての状態がベスト

2)少量ずつを平たい形状にして保存
ラップがおすすめですが、ご飯専用や小さめののタッパでも可

3)急速冷凍させるために金属製バットを活用
粗熱とり、冷凍庫内で固まるまで使用、冷凍できたら取り外してOk

4)解凍は凍ったまま電子レンジで

5)保存期間はできるだけ短めを心掛ける(目安は1か月以内)

冷凍ご飯の活用でかしこいママになっちゃおう!時短&節約&おいしい

冷凍ご飯がストックされていると、便利に活用できる場面がたくさんあるはずです。お子さんの夜食、ママの一人分のお昼ご飯、飲み会帰りのパパのお茶漬けなど。どんなライフスタイルの家庭でもさまざまな使い方が考えられますね。

わざわざご飯を炊きなおさなくてもいいのが、忙しいママにもピッタリ。時短・節約にもなっていいことづくめです。ぜひ余ったご飯ではなく、炊きたてご飯を「急速冷凍」&「乾燥対策」でおいしく冷凍してみてください。