ネギダレでさっぱり!時短油淋鶏 /
親子でおいしい♪簡単レシピ#4

フライドチキンや唐揚げなど、皮がパリっとした揚げたての香ばしい鶏肉ってときどき無性に食べたくなります。でも、家で揚げ物をするのは面倒だなと思う方に、ぜひ試してほしいのがこの油淋鶏。たっぷり片栗粉をつけて少し多めの油で焼くだけで、外側がパリっとして中からは肉汁があふれてくる美味しい油淋鶏ができます。
油淋鶏は本来、丸ごと1枚の鶏肉に衣をつけて焼きますが、丸ごと1枚を揚げ焼きにするとなかなか中まで火が通りにくく、時間がかかりすぎてしまいます。そこで今回は、1枚を4等分に切ってから衣をつけて焼き、短時間で中まで火が通るレシピをご紹介します。

<材料(2~3人分)>

鶏もも肉(中くらい) 2枚
レタス (あれば)適量
きゅうり (あれば)適量
ミニトマト (あれば)適量
少々
片栗粉 適量
油(ごま油やオリーブオイルなどお好みのもの) 適量

※上の野菜はどれか1~2種類あるだけでOKです。

A(タレ)

にんにく 1かけ(すりおろしチューブ小さじ1でOK)
しょうが 1かけ(すりおろしチューブ小さじ1でOK)
長ネギ(みじん切り) 1/2本
しょうゆ 大さじ2
大さじ2
砂糖 大さじ1
ごま油 大さじ1/2
ラー油 (あれば)適量

<作り方>

1.にんにく、しょうがはみじん切りにし(すりおろしチューブでもOK)、長ネギもみじん切りにする。レタスは手でちぎり、きゅうりはお好みの大きさに切り、ミニトマトなどとともに盛り付け皿に入れておく。

2.器にAのタレをあらかじめ合わせておく。(器でなく別の小さいボウルなどでもOK)

3.鶏もも肉は1枚を4等分に切り、塩を全体に振ってから片栗粉をしっかりと全面につける(ここで片栗粉を厚めにつけておくとパリっとした焼き上がりになる)。

4.フライパンに油を多めに(大さじ2~3くらい)熱し、2.の鶏肉を皮目から入れて焼いていく、2分ぐらいして皮目に色がついたら裏返して反対面も焼く。2~3回返しながら中火で6~8分焼く。(ひとつ取り出して切って、赤みがなくなりピンク色になっていたらOK)。途中油が跳ねすぎる場合は、ペーパーで余分な油を吸い取ると良い。

5.まな板の上に取り出し、フォークなどで抑えながら大きめのひと口大に切り、1.で器に盛り付けた野菜の上に鶏肉をのせ、その上からAのタレをかける。

油淋鶏のタレには酢を使いますが、砂糖やしょうゆ、ごま油などと合わさると、そんなに酸っぱくならないです。ただ、どうしても酸っぱいものが苦手なお子様向けには、全体にタレをかける前にサラダとともに別の皿に取り分けて、ケチャップやマヨネーズ、しょうゆなどお好みのものをかけて食べてもらってもいいかもしれません。または、各々の皿に取り分けてから、ネギダレやその他の好みの調味料をかけてみてください。