味噌汁の素は手作りできる!時短が叶うアレンジレシピを一挙紹介

1日の活力のもととなる朝食は、栄養バランスを考えてしっかり食べたいもの。頭ではわかっていても、忙しい毎日の中、特にタスクが集中する朝はゆっくり料理をする時間をとりづらいのが現実ですよね。そんな時におすすめなのが、手作りの味噌汁の素です。これさえあれば、忙しくてもちゃんと朝ご飯の用意ができますよ。お湯を注ぐだけで具だくさんな味噌汁が食べられる、味噌汁の素の作り方を紹介します。

味噌汁の素は手作りできる

味噌汁の素と聞いてイメージするのは、市販の即席味噌汁でしょうか。即席味噌汁だって立派な味噌汁に違いありませんが、実は、味噌汁の素は手作りできるのです。家庭の味噌汁の味で作れるのに、食べるときはお湯をかけるだけなので、忙しい日でもあっという間に一品完成です。みその塩分で冷蔵保存または冷凍保存が可能な味噌汁の素。時間がある時にまとめて作り置きしてみませんか。

手作りの味噌汁の素を使うメリット

手作りの味噌汁の素を使うメリットは、なんと言っても時短が叶うことです。朝食に味噌汁があるとうれしい一方で、1分1秒でも有効に使いたい朝、1から味噌汁を作るのはなかなか面倒なものです。手作りの味噌汁の素があれば、お湯で溶くだけで味噌汁が作れるので、時間をかけずに華やかな朝食が楽しめます。お湯を準備しておけば子供でも作れるので、家族によって朝食の時間がずれていても温め直しの手間がかかりません。朝食だけではなく、味噌汁の素は持ち運べるので、お弁当に添えられるのがうれしいですね。

時短が叶う味噌汁の素レシピ①天然だしで作る基本の味噌汁の素

まずは、基本の味噌汁の素をご紹介します。いりこと鰹節を電子レンジで乾燥させ、ミルミキサーで粉末にしたら、大さじ1杯程度のみそと混ぜてラップで包めば完成です。天然だしの代わりに、だしの素を使う場合は、塩分が加わるのでみその量を調整してくださいね。冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約1ヵ月、保存ができるので、時間がある時にまとめて作っておくのがおすすめです。また、丸めずに保存容器に入れておいて、食べる時に清潔なスプーンですくっても良いでしょう。

https://cookpad.com/recipe/4351596

時短が叶う味噌汁の素レシピ②乾燥ワカメと白ごま入り味噌汁の素

具入りの味噌汁の素だって、簡単に作れます。みそに粉末だしと鰹節を入れて混ぜ、乾燥ワカメと白ごまをのせてラップに包みます。乾燥ワカメの他にも、乾燥あおさやとろろ昆布、梅肉、天かす、麩、油揚げなど、お好みの具を入れて味噌汁の素を作ってみてくださいね。数種類の味噌汁の素を作っておいて、食べる時に好きなものを選ぶのも、楽しいですね。

https://cookpad.com/recipe/5398299

時短が叶う味噌汁の素レシピ③風邪に効くにんにく入り味噌汁の素

こちらは、みじん切りまたはすりおろしにしたにんにくとネギ、鰹節とだしの素をみそに混ぜた味噌汁の素です。にんにくとネギの香りが良く、不眠を改善して体力を回復してくれるだけではなく、にんにくに含まれる成分が免疫機能を刺激し、風邪の早期治癒をサポートしてくれます。風邪をひいていなくても、時には香り豊かな味噌汁を飲んで、体力を付けたいですね。

https://cookpad.com/recipe/4863825

時短が叶う味噌汁の素レシピ④だし入りみそで作る簡単味噌汁の素

だし入りみそを使って、簡単に味噌汁の素を作れます。濃いめのだしが好きな場合は、だしの素をさらに加えると濃厚なだしの風味が楽しめます。具は、乾燥ワカメや麩、油揚げなど、お好みのものを入れましょう。包丁を使わずに作れるこのレシピは、洗い物が少ないのが嬉しいポイントです。ラップで包んだ後は、モールで止めると可愛らしい見た目に仕上がるので、楽しく作れること間違いなしです。

https://cookpad.com/recipe/4290407

簡単・便利な味噌汁の素を手作りして、忙しくても充実した食生活を!

忙しくてもちゃんとした朝ご飯が食べたいという希望を叶えてくれる、味噌汁の素。手作りすれば、好みの具を入れられるので、楽しみながら栄養バランスが良い味噌汁が作れます。時間がある時にまとめて作っておいて、食べる時にお湯で溶くだけなので、忙しい朝に時短ができるのがうれしいポイントです。簡単で便利な味噌汁の素を作って、忙しい毎日だからこそ充実した食生活を送りましょう。