自宅でできる美味しいお好み焼きレシピ
~基本のレシピからアレンジレシピまで~

キャベツたっぷりの生地に、食欲をそそるソースの香り、そしてゆらゆら踊るかつお節。お祭りの屋台やフードコートで定番メニューの「お好み焼き」は、今や日本のソウルフードといっても過言ではない存在です。美味しく作れるコツ&レシピをご紹介します。

おすすめお好み焼き①基本の関西風レシピ

関西風(大阪風)のお好み焼きは、具材全部を混ぜ合わせて焼くスタイル。キャベツ・小麦粉・卵というベースさえ守れば、プラスする具材は好みで合わせやすく、比較的失敗せず焼けるのでお薦めです。

<基本の材料(1枚分)>
キャベツ 2~3枚くらい/小麦粉 大さじ3/卵 1個/和風粉末だし少々
紅しょうが(あれば)少々/水 大さじ3/お好み焼きソース適量

1.キャベツは好みで千切り~粗みじん~みじん切りにする。紅しょうがを入れる場合は一緒に刻む
2.ソース以外の材料をボウルに入れてよく混ぜ、よく熱して油をひいたフライパンに流し入れて形を整え、両面を焼く
3.中まで火が通ったら皿にとり、表面にお好み焼きソースをぬる

いちばんオーソドックスな具材は豚バラ肉を入れる「豚玉(ぶたたま)」。片面を焼いたところで生地の上にのせ、一緒にひっくり返して裏面と一緒に焼きます。
ソースをぬった後のトッピングは青のり・かつお節が鉄板。マヨネーズはお好みでどうぞ。

おすすめお好み焼き②基本の広島風レシピ

「広島風お好み焼き」は、クレープのように薄く焼いた生地やたっぷりの千切りキャベツ、イカ天、そして焼きそばの麺などが重ね焼き状態になっているのが特徴。自力で焼くには、少し慣れが必要かもしれません。

<基本の材料(1枚分)>
千切りキャベツ 2つかみ/もやし 1つかみ/小麦粉 1/2カップ
豚バラ肉 2枚/卵 1個/焼きそばの麺 1玉/お好み焼きソース

1.小麦粉を同量くらいの水で溶き、よく熱して油をひいた鉄板(ホットプレートでもOK)に直径20cmほどの円型に薄くのばして焼き始める
2.生地の上にキャベツ・もやし・砕いたイカ天・をこんもりと積み上げ、頂上に豚バラ肉を並べて加熱
3.下側の生地がパリっと焼けてきたら、豚バラ肉の上から水溶き生地を全体に回しかけ、大型の金属ヘラで全体をひっくり返す
4.鉄板の隣に油をひいて麺を炒め、丸く整えたところへ、お好み焼き本体を移動させて乗せ、形を整える
5.さらに鉄板の隣に油をひいて卵を落とし、ヘラの角で手早く黄身を破って薄く円型に焼き、再び本体をその上に移動して乗せる
6.再度全体をひっくり返して(最初の生地が下側・卵が上側)お好み焼きソースをぬる

重ね焼きの本体を何度か天地返しするのがやや難易度高めです。具材を押さえつけすぎず、柔らかく焼き上げるのがコツ。青のり・かつお節・マヨネーズはお好みでどうぞ。

おすすめお好み焼き③市販の粉を使ったレシピ

スーパーなどの粉類売場では「お好み焼き粉」も売られています。これは小麦粉に、あらかじめ出汁粉や魚粉、調味料などを混ぜ合わせたミックス粉。山芋粉が配合されて、ふんわりした焼き上がりになるものもあります。

下味が付いていることもあり、誰でも手軽に美味しいお好み焼きが作れます。キャベツを減らして、小口切りにした小ねぎをたっぷり加えた「ねぎ焼き」を作るときにもお薦めです。

おすすめお好み焼き④豆腐を使った節約&ヘルシーレシピ

小麦粉を使った「粉もの」メニューを食べるとすぐお腹いっぱいになってしまう人は、豆腐を入れたヘルシーバージョンをお試しください。

上記の関西風レシピを基に、小麦粉を半量に減らす代わりに豆腐1/4丁ほどを入れて焼き上げます。豆腐は水切り不要で、水大さじ3も不要。生地を混ぜたときの具合をみて微調整してください。

使う豆腐は、個人的には大豆の風味がしっかり感じられる木綿豆腐がお薦めです。食感が残る程度にざっくり混ぜ入れても、しっかり混ぜ込んでもそれぞれに美味しいですよ。

おすすめお好み焼き⑤卵なしのレシピ

卵が苦手な人や食べられない人、卵がないときには、なくても美味しくできます。
つなぎの代役には、関西風なら山芋のすりおろしを入れるのが一番ポピュラーでしょうか。市販のお好み焼き粉にも配合されているように、代役でなく使うことも多い「とろろ」ですが、ちょうどよいつなぎにもなってくれます。

広島風で卵なしにする場合は、卵を敷く側にももう1枚、クレープ状の生地を焼いて挟む形にするといいでしょう。関西風・広島風とも、あまり違和感なく味わえますよ。

お好み焼きに合う具材は?

そもそも「お好み焼き」というくらいで、具材は工夫次第でいろいろ楽しめます。例えば基本の豚バラは薄切り牛肉やベーコンに替えても美味しいし、豚トロなども人気。イカ・エビなどの魚介類や、ソーセージやツナも好評です。

メインの具材に限らず、チーズ、切り餅、納豆、キムチなどをプラスしても世界が広がります。ねぎ焼きをアレンジしてニラに替えればチヂミ風になり、刻んだ大葉に替えれば和風になり……と、変幻自在です。

みんなでワイワイ美味しいお好み焼きを作ろう!

思い思いの具材で作る過程が楽しいお好み焼きは、パーティにもぴったり。具材を鉄板焼きにしたり、焼きそばやもんじゃ焼きを交えたりしながら、大人数でホットプレートを囲んで、ぜひ盛り上がってください!