人気の時短レシピで子どもを喜ばせちゃおう!
人気のメインおかずを紹介

ワーキングマザーにとって、毎日の夕飯の支度は時間との戦い。食べ盛りの子供たちの腹減ったコールは待ったなしです。時短調理なのに、手抜きには見えず、子供に人気のおかずをご紹介しましょう。

時代のニーズにマッチしている「時短レシピ」

子供が大きくなってくると、学校や部活、塾などで帰宅は遅くなりがち。親も仕事で忙しく、親子が家で一緒にいる時間が実はかなり限られているというおうちも多いのではと思います。

時短レシピなら作る人の負担は少なく、食べる人もあまり待たなくて済みます。ちなみに、部活終わりの中高生男子は、手の込んだ料理なんて望んでいません。ボリュームがあって、おいしくて、そして今すぐ食べられたらOK。

時短レシピのメリット

時間を有効活用できる時短レシピ。メリットはたくさんあります。たとえば……

・仕事から帰って疲れていてもすぐにできる
・子供のお腹が減ったタイミングを逃さない
・少ない食材で家計に優しい
・丼ぶりやカレーなどのごはんが主役のメニューなら洗い物も少ない
・調理に時間をあまりかけずに済み、家族が顔を合わせる時間が増える

本当に時短レシピ?子どもが喜ぶ人気のメインおかず①

「白身魚のアクアパッツァ風」は、我が家の定番メニュー。最初は1人分ずつクッキングシートに包んでいたのですが、耐熱皿でまとめて作るほうが簡単なので、現在のスタイルに落ち着きました。電子レンジ使用で簡単なのに、ごちそう感いっぱいのメニューです。

<材料>
白身魚     4尾
※たら、鯛、生鮭、金目鯛など何でもOK
あさり     1パック
ミニトマト   1パック

白ワイン    大さじ3
にんにく    2かけ
バター     10g
オリーブ油   適宜
塩、コショウ、バジルなど

<作り方>
1. あさりは洗って、ミニトマトは半分にカットする
2. 白身魚に塩こしょうする
3. 耐熱皿に、ちぎったバター、薄切りのにんにくを置き、その上に、白身魚やミニトマト、あさりを乗せる
4. 上からオリーブ油、白ワインをまわしかけ、お好みで粉末のバジルもふりかける
5. ふんわりとラップをかけ、電子レンジで6~7分加熱する

あさりや白身魚から出る旨みたっぷりのスープがおいしいので、最後はパスタを茹でて和えてみてください。スープは1滴残さず飲み干したくなると思いますよ。

本当に時短レシピ?子どもが喜ぶ人気のメインおかず➁

ホットプレートは、焼肉やお好み焼きといったメニューだけでなく、実は万能調理器具です。食材さえカットすれば、あとは「ごはん、まだ~?」と待っている子供たちに手伝ってもらえば、ちゃちゃっと子供が大好きな「マーボー豆腐」が出来上がります。

<材料>
もめん豆腐  1丁
豚ひき肉   200~300g
にんにく、しょうが、長ねぎ 適宜
豆板醤      小さじ1
料理酒      大さじ2
味噌       大さじ1
醤油       大さじ1
鶏がらスープの素 大さじ1
砂糖       大さじ1
水        300cc
水溶き片栗粉   適量
ごま油      適宜

<作り方>
1. ホットプレートにごま油をひき、細かく切ったにんにく、しょうが、長ねぎを炒める
2. 豚ひき肉を入れて色が変わるまで炒め、豆板醤を投入
3. 調味料を入れて味を整えたら、水溶き片栗粉でとろみをつける
4. もめん豆腐を肉味噌の上に乗せて、くずす

炒めるのも、豆腐をくずすのも子供たちにやってもらいましょう。ちょっと調味料がたくさん入りますが、分量はまあまあ適当でも大丈夫。にんにく、しょうが、豚のひき肉がいい仕事をしてくれるので、味は決まります。野菜が足りないと思ったら、ひき肉を炒めるときに、小松菜やにんじんを加えてもOKです。

本当に時短レシピ?子どもが喜ぶ人気のメインおかず➂

豚の切り落としを使って「ポークチャップ」を作ります。調味料さえ出しておけば、ものの5分で完成!ケチャップとウスターソースというテッパンの組み合わせに、ニンニクをプラスしたタレは間違いなく食欲をそそります。本来は豚カツ用などの厚切り肉を使う料理ですが、薄切りの豚肉でもまったく問題なし。何より時短になります。

<材料>
豚の切り落とし  300g
玉ねぎ      1個(半分くらいでも)
ケチャップ    大さじ3
ウスターソース  大さじ3
料理酒      大さじ3
コンソメ     1個
にんにくチューブ 2cmくらい
塩、こしょう   適宜

※しめじなどのきのこを追加してもOK

<作り方>
1. 切り落としは適当にカットし、塩こしょうしておく
2. 玉ねぎは半分に切って、薄くスライス
3. フライパンにサラダ油を入れて、玉ねぎと豚肉を炒める
4. 焼き色がつくまで炒めたら、すべての調味料を入れる

切り落としなら肉を切る手間も省けます。玉ねぎだけ切ったら、あとは炒めるだけ。ワンプレートに盛り付けて、ごはんにかけて食べてもおいしいですよ。

美味しい時短レシピでより楽しい夕食タイム

ホットプレート焼肉や鍋が続いたっていいと思います。お母さんが台所に立っているより、食卓で一緒に鍋をつつけるほうが子供たちはうれしいかもしれません。市販の鍋スープや中華料理の素を使ったって問題なし。家族が一緒に食卓を囲める時短レシピをぜひ活用してみてください。