美味しい唐揚げレシピ
~基本からアレンジレシピまでご紹介~

子供も大人も大好きなおかずといえば、何と言っても唐揚げ!「今日の夕飯何?」と聞かれて「唐揚げ」と答えたら、たいていの子供たちは「やった~!」と喜んでくれるはずです。今日は、失敗しない唐揚げのレシピや揚げ方のコツ、そしてアレンジレシピまでご紹介します。

唐揚げレシピ①基本のレシピ

唐揚げの基本的な作り方は、
・鶏もも肉を食べやすい大きさに切る
・調味料に漬け込む
・衣をつける
・油で揚げる
この4工程です。

鶏もも肉1枚に対しての調味料の分量を覚えておけば、パーティであろうがお弁当のおかずであろうが対応できます。

<材料>
鶏もも肉 1枚
酒    大さじ1
醤油   大さじ1
生姜   1かけ
にんにく 1かけ
片栗粉  適宜
小麦粉  適宜
サラダ油 適宜

<作り方>
1. 鶏肉は食べやすい大きさにカット
2. ボウルに酒、醤油、すりおろし生姜・にんにくを入れて、鶏肉をもみ込む
3. ビニール袋に片栗粉と小麦粉を入れて、鶏肉に粉をまぶしつける
4. サラダ油を熱して、中火で5分程度揚げる

私は片栗粉だけで作るのも好きです。小麦粉の代わりに米粉を使ってもカラッと揚がりますので、いろいろ試してみてください。

唐揚げレシピ②フライパンで作るレシピ

唐揚げは大好きだけど、サラダ油をたっぷり使うのはちょっともったいない……。そんなときは、小さめのフライパンを使って揚げ焼きにしてみましょう。お弁当用に少しだけ作りたいときにも便利です。

<作り方>
1. フライパンに2cm程度、油を入れる
2. 油の温度は180℃くらい(菜箸を入れると細かな泡が出るのが目安)
3. 鶏肉はフライパンの大きさの半分の量を入れる
4. 鶏肉を油に入れたら、3分くらいは触らない
5. ひっくり返して、もう3分揚げる
6. 一度油から揚げて、強火でカリッとするまで2度揚げする

2度揚げが面倒なら、仕上げに油の温度を強火にしてもOKです。

唐揚げレシピ③むね肉でもジューシーになるレシピ

唐揚げはやっぱりもも肉に限る!と思っている方も多いと思いますが、ヘルシーで低価格なむね肉を使ってもおいしく作ることが可能です。

ポイントは、鶏肉の切り方と肉の繊維を壊すこと。むね肉はもも肉と比較すると厚みがあるものが多いので、「そぎ切り」という方法で少し薄めにカットします。さらに包丁の背を使って、切り口をたたき、繊維を壊しておきます。調味料をもみ込んだ後、1時間程度寝かせるのがおすすめ。揚げ方などは先にご紹介した方法と同じです。

これで、パサパサしないジューシーな唐揚げが完成します。

唐揚げレシピ④オーブンで!揚げないレシピ

唐揚げは脂がはねるし、後片付けも大変。ダイエット中だし、油をたっぷり使ったメニューはNG……という場合はオーブンを使うといいですね。

基本の作り方で下ごしらえを済ませたら、
・オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、鶏肉の皮目を上にして並べる
・サラダ油を大さじ3程度まわしかける
・250℃のオーブンで20分焼いたら完成

油で揚げないので衣が多いと仕上がりが白くなってしまいます。基本の作り方では小麦粉と片栗粉のダブル使いを紹介しましたが、オーブンを使う場合は粉類は少な目に。片栗粉のみでもおいしいですよ。

唐揚げレシピ⑤塩唐揚げのレシピ

基本の醤油味と同じくらいおいしいのが、塩だれに漬け込んだ唐揚げ。あっさりしているので、いくらでも食べられてしまいます。

<材料>
鶏もも肉     1~2枚
酒        大さじ1
ごま油      大さじ1
塩        小さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1
生姜       1かけ
にんにく     1かけ
片栗粉      適宜
小麦粉      適宜
サラダ油     適宜

作り方は基本レシピと同じです。たれに漬け込んで、粉をつけて油で揚げるだけ。鶏ガラスープがいい仕事をしてくれるので、かなり本格派の味に仕上がりますよ。

唐揚げレシピ⑥唐揚げアレンジレシピ

カラっと揚がった唐揚げを甘酢に絡めて、市販のタルタルソースをかけたら、チキン南蛮風に。残った唐揚げは、バターロールにはさんで朝食やお弁当にするのもお勧めです。

<甘酢の材料>
酢   大さじ2
砂糖  大さじ2
醤油  大さじ1
みりん 大さじ1

小鍋に入れて温め、熱々の唐揚げにじゃっとかけていただきます。タルタルソースもお忘れなく。

美味しい唐揚げで家族を笑顔に!

原稿を書いているとお腹が減ってきました……。私も今晩のおかずは唐揚げに決定!野菜が少なくなりがちなので、盛り付ける際は下にサラダ菜を敷いたり、彩りでミニトマトを添えたりするといいですね。たくさん作ってみんなでもりもり食べてください。