たけのこご飯、たけのこの三つ葉マヨあえの簡単2品/親子でおいしい♪簡単レシピ#37

春の味覚のたけのこ。しゃきっとした食感と甘い香りが人気で、春の代名詞にもなっています。
スーパーでもよく見かけますが、忙しい毎日、たけのこをそのまま調理するのは難しそうと、敬遠している方も多いかもしれません。本来あく抜きに時間のかかるたけのこも、重曹を使うことで30分程度で茹でられますよ。
水煮たけのこさえあれば、たけのこご飯もとっても簡単。もう一つすぐにできるたけのこおかずもご紹介します。水煮たけのこは、もちろん市販品でもOKです。

〇所要時間 25分(筍の茹で時間40分を除く)
〇たけのこは離乳食後期ぐらいから、まずは穂先の柔らかいところから試してみてください。

たけのこの時短ゆで方

たけのこ 1本
重曹(料理用) 小さじ1

1. たけのこは鬼皮(固い部分)をむいて、根元の汚れている部分を0.5~1cmほど切り落とし、縦に2等分し、鍋にいれてたっぷりの水と重曹を加えて煮る。

2. 水が少なくなってきたら頭が出ない程度に足しながら、30~40分煮る。竹串がすっと入るくらい柔らかくなったら出来上がり。

3. その日に使わない分はゆで汁につけたまま冷まし、冷めたら、タッパーに入れて新しい水をかぶる程度加えて冷蔵庫で4~5日保存可能。それ以上になる場合は冷凍庫へ。

たけのこご飯


【材料】(3~4人分)

茹でたたけのこ 1/4本程度
2合
油揚げ 1/2枚

A(調味料)

(薄口)醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ2

【作り方】
1.米は洗って吸水させておく。

2.たけのこは、3㎝長さ程度に切ってスライスにする(根本のほうは繊維を切るように横に切り、穂先は繊維に沿って縦に切ると歯ごたえが良い)。油揚げは小さめに切る(5mmの角切り程度)。


3.炊飯器の内釜に1の米、2のたけのこと油揚げ、Aの調味料を入れて内釜のメモリ通りになるよう水を足して水分量を調整してから炊飯する。

たけのこの三つ葉マヨあえ

≪材料≫

茹でたたけのこ(できたら穂先) 1/8本分
三つ葉 1株分程度

A(調味料)

しょうゆ 小さじ1
マヨネーズ 小さじ1/2

 

1. 和え物には爽やかな苦みの残るたけのこの穂先を使うと美味しいです。繊維に沿って薄切りにする。三つ葉は3㎝程度に切る。


2. たけのこと三つ葉をしょうゆ:マヨネーズ=2:1程度で混ぜ合わせる。