【野菜ひとつ】蒸しブロッコリーの豆板醤和え /スガさんの作り置きレシピ #24

Author : スガ
今日は、ブロッコリーを蒸して、豆板醤で和えるレシピをご紹介します。

ブロッコリーは蒸し煮にすることで、手早く仕上がり、ブロッコリーそのものの旨味や甘味が、しっかりと活きます。

味付けは控えめですが、ブロッコリーに意外と良く合うごま&ごま油を絡めていますので、豆板醤の辛さはマイルドに、しっかりコクのある味に仕上がります。

<保存期間>冷蔵5日/冷凍1か月

<レシピについて>
ブロッコリーを小房に分けてからフライパンで蒸し煮にし、調味料を絡めて出来上がりです。
ブロッコリーの洗い方、小房の分け方といった、ブロッコリーの下ごしらえも、少し詳しくご説明します。

<材料>(4人分)

ブロッコリー 1株

A

60ml
ごま油、片栗粉、酒、みりん 各小さじ2
小さじ1/2
にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)

B

ごま油 大さじ1
砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
豆板醤 小さじ1
すりごま 大さじ1

<作り方>
1.ボウルに水をはり、ブロッコリーの房をつけて振り洗いし、ごみや汚れを取り除きます。

房を下にして、斜めに包丁を入れ、房を切り離します。

大きいものは軸の方に切れ目を途中まで入れて、裂くようにし、大きさを揃えます。

太い茎は、表面の硬い皮の部分を3~5mm厚さを目安に、厚く切り落とします。切り落とした部分は使いません。

1cm幅(人差し指の2/3幅)×3~4cm長さ(指2本分の幅目安)程度の棒状に切ります。

2.Bは混ぜ合わせておきます。

3. ブロッコリーの房、茎ともフライパンに入れ、Aを加えて、ざっと混ぜ合わせ、

ふたをして強めの中火にかけ、

充分に蒸気が立ったら、1分ほど蒸し煮にします。

4. 弱火にし、Bを加えて絡めます。

<まとめ>
【作り置きのコツ・ポイント】
・ブロッコリーの房は刃物で切ると、モロモロになってしまいます。軸の方から切れ目を途中まで入れてから、手で裂きましょう。
・ブロッコリーの表面の硬い皮の部分は、表面のみ薄く削って茎を食べることもできることはできるのですが、ブロッコリーによっては本当に硬く食べられない部分がありますので、厚く切り落とすのが無難です。
・保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

【アレンジのヒント】
・加えておいしい具材:ねぎ/もやし/わかめ/ぜんまい/炒り卵
・作り置きして冷えたものを、マヨネーズで和えても。ゆで卵、にんじん、きゅうりも合います。