生レタスで作り置き?目からウロコの生レタスサラダ /スガさんの作り置きレシピ #30

Author : スガ
今回は、レタスが生のまま、おいしく、しかも簡単に作り置きできるレシピのご紹介です。

もう特価を横目に、1回で食べる分だけ買わなくて良いので、レタス特価の日は、いつもこのレシピにお世話になっています。
余ったレタスの大量消費にもいいですね。

冷製パスタや炒飯の具としても応用が効くので、とても重宝しています。

<保存期間>冷蔵5日

<レシピについて>
ベーコンまたは豚肉をカリカリに炒め、塩、こしょうとともにレタスと和えて出来上がりです。
ベーコンや豚肉の旨味のイノシン酸に、昆布のグルタミン酸を加えることで、旨味の相乗効果により、油分・塩分控えめでもおいしくいただけます。

<材料>(4人分)

レタス 1個
昆布 10cm長さ1枚
ごま油 大さじ1
ベーコン 2枚(「ハーフ」と記載されているものなら4枚)

A

ごま油 大さじ1
こしょう 小さじ1/4
小さじ1/2

<作り方>

1.レタスは葉を1枚ずつはがして洗い、水気をよく切っておきます。

レタスは葉を1枚ずつはがして洗い

昆布はキッチンバサミで3mm程度の幅に切ります。

昆布はキッチンバサミで3mm程度の幅に切ります

ベーコンは1cm幅に切ります。

ベーコンは1cm幅に切ります

2.フライパンを中火にかけ、ごま油を熱し、刻んだベーコンを入れ、ベーコンがカリカリになるまで炒めます。

ベーコンがカリカリになるまで炒めます

ベーコンを炒める際、ステンレス製のざるをフライパンの上から被せると、はねを防止できます。

はねを防止できます

3.大きなボウルか鍋に、手順1のレタスの水気をよく切って入れ、昆布、合わせ調味料、そして手順4のベーコンを熱いうちに油ごと入れます。

手順4のベーコンを熱いうちに油ごと入れます

4.消毒した保存容器を用意しておき、できれば使い捨ての手袋をはめましょう。

消毒した保存容器を用意しておき

底から返すように混ぜ合わせながら、ベーコンと調味料がレタス全体に行き渡るように、よくもみます。

底から返すように混ぜ合わせながら

半分くらいのかさになったら、味見をします。

半分くらいのかさになったら

保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう

<まとめ>
【作り置きのコツ・ポイント】
・ベーコンから塩気が出るので、塩は控えめに加え、味見をしながら追加していきましょう。
・保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
・保存する際は、旨味たっぷりの汁気ごと保存し、召し上がる際に軽く水気を切ると良いです。

【アレンジのヒント】
・ごま油をオリーブオイルに、こしょうをチリパウダーに替えてもおいしいです。
・ベーコンを豚こま切れ肉、豚ひき肉に替えてもおいしいです。
・これをスープにすると、旨味たっぷり、でもあっさりおいしいです。私はスープのために作っているかもしれません。2人分で、水300cc+鶏ガラスープの素小さじ2、レタスサラダをお玉2杯が目安です。加えるタイミングは、水の状態からでも、沸騰してからでも、どちらでもOKです。お好みでこしょうをたっぷりと加えましょう。
・炒飯の具としても活躍します。炒飯の仕上げに、水気を切ったお玉一杯のレタスサラダを加え、ざっと炒めて出来上がりです。レタスがあらかじめごま油でコーティングされていますので、シャキシャキの歯ざわりが活きたおいしいチャーハンが簡単に出来ます。
・冷製パスタにも合います。1人分レタスサラダをお玉1杯、切ったミニトマト3個、レモン果汁大さじ1、カペッリーニ(素麺みたいな細いパスタ)を2分茹で冷水で冷ましたものを和え、塩こしょうで味を整えると、速攻で野菜たっぷりのおいしい冷製パスタの出来上がりです。こってりがお好みの方はマヨネーズ大さじ2を足すとよいです。
・お弁当に詰める際は、汁気をよく切ってから入れましょう。