キャベツと豚肉のにんにくみそ炒め /スガさんの作り置きレシピ #29

Author : スガ
今日は、たっぷりのキャベツと豚肉を、みそ味でいただくレシピをご紹介します。

たっぷりのキャベツと豚肉に、甘辛いみそがトロッと絡んで、ご飯がモリモリ進みます。

メインのおかずにはもちろん、ご飯にかけて丼飯に、レタス包みの具材にと、野菜もご飯もたっぷりお召し上がりいただけます。

<保存期間>冷蔵5日/冷凍1か月

<レシピについて>
片栗粉をまぶしつけた豚肉を炒め、ザク切りにしたキャベツを加えて蒸し煮にし、調味料と和えて出来上がりです。

<材料>(4人分)

キャベツ 1/2個(巻きのゆるい春キャベツなら1個)
豚こま切れ肉 300g
片栗粉 大さじ3
サラダ油 小さじ2
大さじ3

A

みそ、みりん 各大さじ2
しょうゆ 大さじ1
にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)
豆板醤 小さじ1(辛い味が苦手な方は、みそ小さじ1に替えるとよいです)

<作り方>

1.キャベツは芯を取り除き、

キャベツは芯を取り除き1

キャベツは芯を取り除き2

ひと口大(3〜4cm角目安)のザク切りにします。

ザク切りにします1

ザク切りにします2

ザク切りにします3

豚こま切れ肉に片栗粉をもみ込みます。

豚こま切れ肉に片栗粉をもみ込みます1

豚こま切れ肉に片栗粉をもみ込みます2

豚こま切れ肉に片栗粉をもみ込みます3

Aを混ぜ合わせておきます。

Aを混ぜ合わせておきます

2.フライパンにごま油を薄くひき、

フライパンにごま油を薄くひき

1の豚肉をほぐし入れ、弱めの中火にかけます。

1の豚肉をほぐし入れ

2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま5〜6分ほどほったらかしにします。のまま5〜6分ほどほったらかしにします

3.表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返し、フライパンに面している側に焼き色が付いたら

1のキャベツをほぐして加え、

1のキャベツをほぐして加え

酒を全体に振りかけて、

酒を全体に振りかけて

ふたをして蒸し焼きにします。

ふたをして蒸し焼きにします

4.4〜5分程度蒸し焼きにして、キャベツがしんなりとしたら、

キャベツがしんなりとしたら

いったん全体を混ぜ合わせてから、

いったん全体を混ぜ合わせてから

Aを回し入れて、

Aを回し入れて

全体を混ぜ合わせ、よく絡めます。

よく絡めます1

よく絡めます2

<まとめ>
【作り置きのコツ・ポイント】
・豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
・8人分を作る際は、4リットル以上の大鍋を用意するか、4人分ずつ2回に分けて作るほうが懸命です。
・豚肉を炒める際は、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
・キャベツを加える際は、特に、芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなってしまいます。
・調味料を加えたら、できるだけ手早く絡め、火を止めましょう。調味料を加えてからは、加熱するほど、キャベツからどんどん水分が出てしまいます。
・保存容器は、充分に消毒してから使用しましょう。

【アレンジのヒント】
・一緒に加えておいしい具材:長ねぎ/ピーマン/炒り卵/ピーナッツ
・ご飯の上にたっぷりと乗せて、丼飯にも。
・フリルレタスで包んでも。お好みで白髪ねぎを一緒に。
・かた焼きそば、あんかけ焼きそばの具材としても。