菜の花のアンチョビ風味 / フライパン1つで本格イタリアン #2

今回はイタリア風に、アンチョビを煮溶かしたオリーブオイルと和えてワインにぴったりの一皿に。
コツは、オリーブオイルでアンチョビを炒めるときに、ぷんとイワシを焼くような香りがするまで火を入れること。生臭さが消えて、香ばしい素敵な調味料に変わります。

<材料>

菜の花 一束(約200g)
アンチョビ 4枚
オリーブオイル 大さじ1.5

材料

<作り方>

1)アンチョビを細かく刻みます。

1) アンチョビを細かく刻みます。

2)フライパンにオリーブオイルを入れて中火で温め、刻んだアンチョビを入れて炒めます。

2) フライパンにオリーブオイルを入れて中火で温め、刻んだアンチョビを入れて炒めます。

3)弱火でじっくりと、香ばしい香りが立つまで炒めます。アンチョビがオイル全体に溶けるように。

弱火でじっくりと、香ばしい香りが立つまで炒めます。アンチョビがオイル全体に溶けるように。

4)菜の花を茹でます。日本のお浸しよりも少し柔らかめがイタリア流です。

菜の花を茹でます。日本のお浸しよりも少し柔らかめがイタリア流です。

5)茹でた菜の花を軽く水をしぼってからフライパンに入れ、アンチョビが解けたオリーブオイルとからめます。

茹でた菜の花を軽く水をしぼってからフライパンに入れ、アンチョビが解けたオリーブオイルとからめます。

6)出来上がりです。お使いになるアンチョビによって塩気が変わりますので、味見をして足りなければ塩を加えてください。

出来上がりです。お使いになるアンチョビによって塩気が変わりますので、味見をして足りなければ塩を加えてください。

【まとめ】

材料は、菜の花とアンチョビとオリーブオイルだけ。とても簡単で菜の花がもりもり食べられます。おひたしの代わりに和食のお総菜としても。お試しください。