安くて簡単・美味♪
常備すべき缶詰5選&アレンジレシピ

新生活スタートの季節。基本となる「食」に気を配って、快調に過ごしたいですね。缶詰を使った簡単アレンジメニューは、料理初心者のみならず、慌ただしい時期に何かと重宝します。防災用のローリングストックにもお薦めですよ。

リーズナブルで美味しい「ツナ&コーンの炊き込みごはん」

まずは基本中の基本「ツナ缶」&「コーン缶」から。
お手ごろ価格でどこでも手に入る身近な缶詰トップ2は、サラダのトッピングや、チャーハンや炒めものの具など、応用範囲の広さも魅力です。このコンビ、炊き込みごはんにしても美味しいんです。

作り方は簡単そのもの。
1.お米3合を研ぎ(無洗米を使うならさらに手間なし)、ツナ缶・コーン缶各1個をそれぞれ汁ごと投入
2.白だし大さじ6を加え、炊飯器の3合の目盛りまで水を足してスイッチオン
3.炊き上がったらお茶碗によそい、切り海苔をトッピングしてできあがり

我が家では、ツナ缶は「食塩無添加・ノンオイル」タイプを使っていますが、そこはお好みで選んでください。翌日のお弁当に入れたり、1食分の小分けにして冷凍保存したりもOKです。

サバ缶で野菜がたっぷり摂れる「チーズグリル」

「安くて美味で栄養価も高い」と人気が上がりっぱなしのサバ缶も、マストで常備しておきたいアイテムです。

味噌系・トマト系・マヨネーズ系といろいろな味付けに合いますが、特別な味付けなしで簡単にできるチーズ焼きのレシピをご紹介しましょう。
野菜は根菜やきのこ類など、あるもの・好きなものでアレンジ可能です。

1.野菜類は食べやすい大きさに切りそろえ、レンジで下ごしらえ(写真ではにんじん・じゃがいも・玉ねぎ・まいたけ・コーンを使用)
2.野菜を耐熱皿に敷き、サバ缶を汁ごと加えて整え、チーズとミニトマトをトッピング
3.オーブントースターで5分加熱し、チーズに焼き色がついたらできあがり

チーズは市販のスライスチーズで十分ですが、シュレッドチーズに替えると美味しさアップ。サバ缶とチーズの塩気だけでいい塩梅に仕上がります。

濃厚なトマトの風味がやみつき「お手軽ラタトゥイユ」

イタリアンが好きな人は、ホールトマト缶やカットトマト缶はぜひ常時ストックしておきましょう。生のトマトを使うよりも濃厚で、ピューレやケチャップで味付けするより風味のよさが段違いです。

野菜不足を感じたときに食べたい「ラタトゥイユ」も、20分もあれば完成します。
1.野菜類を手ごろな大きさに切った野菜類と、トマト缶を鍋に入れ、適宜水を足して火にかける(写真ではにんじん・玉ねぎ・ズッキーニ・なす・しめじ・コーンを使用)
2.煮立ってきたらコンソメキューブと塩ひとつまみを加え、全体に火が通ったらできあがり

鶏ムネ肉のぶつ切りを一緒に煮込めばメインのご馳走にも。そのほか、トマト缶が1個あれば、ミートソースやミネストローネ、ハヤシライスなど、さまざまなメニューが時短で作れますよ。

あっという間にできてみんな大好き「ポーク玉子」

アメリカ生まれのポークランチョンミート(スパムミート)。沖縄のご当地食材的な扱いでしたが、すっかりおなじみになりましたね。
スパイスで味付けした挽肉を、ソーセージ(腸詰め)ではなく缶詰に加工したものなので、炒めるだけでも安定の美味しさです。

沖縄料理屋さんでも必ずといっていいほどメニューにある「ポーク玉子」は、その名のとおり、このポーク缶と玉子を炒めあわせたシンプルな一品。ご飯のおかずにもお酒のつまみにも最適なうえ、パンにはさんでもお弁当に入れてもGOODというオールマイティぶりです。

ポーク缶にはプレーンタイプのほか、減塩・チーズ・スパイシー(唐辛子入り)などいくつか種類があるので、比べてみるのもいいですね。

数ある缶詰の中でも、アレンジ幅の広い基本的な素材缶をセレクトしてご紹介しました。組み合わせや調理法しだいで、手軽に食の世界が広がるものばかりなので、ぜひうまく活用して豊かな食生活を楽しんでください♪