ホーローデビュー応援!
特徴や活用方法とおすすめアイテムまとめ

野田琺瑯のWhite Series(以下、ホワイトシリーズ)を使いはじめて5年、ル・クルーゼの鍋は2年になります。どちらも、いつかは欲しいと思っていたものですが、もっと早くから使えばよかったというくらい、日々の料理で大活躍しています。大事に使えば「一生もの」のホーローアイテムを、生活に取り入れてみませんか?

そもそもホーローって何?

「琺瑯」「ほうろう」と表記することもあるホーローは、金属の表面にガラス質の釉薬を高温で焼き付けた素材です。ホーローの保存容器などは鋼板が、ル・クルーゼの鍋などは鋳物がベースとなっています。

作り置きの強い味方!保存容器として使う

重ねやすく、白く美しい見た目もよいので、冷蔵庫の中に並べるとすっきり見えるホーロー容器。作り置きの強い味方です。もちろん、メリットもあればデメリットも。以下にまとめてみます。

<長所>

  • 熱伝導がよく、直火調理・オーブン料理ができる
  • 冷蔵庫や冷凍庫に入れたときに冷えやすい
  • 酸や塩に強い
  • 油汚れが落ちやすい
  • 臭いがつきにくい
  • 落としてもガラスのように割れることはない
  • 遮光性が高い

マリネをよく作るので、冷えやすいこと、酸に強く、油汚れが落ちやすい点は特に助かります。

<短所>

  • 電子レンジが使えない
  • さびが生じる可能性がある
  • 衝撃や落下で、表面のガラス質に欠けや割れが生じることがある
  • 中身が見えない

電子レンジが使えないというのは、料理のスタイルによっては大きなデメリットになるかもしれません。筆者の場合、電子レンジはたまにしか使わないので、必要に応じて別容器に移します。

中身が見えない点については、ダーマトグラフという色鉛筆の一種で容器に直接メモするので、それほど気になりません。

直火OK!やかんや鍋などの調理器具はキッチンで大活躍

見た目にかわいく、キッチンのワンポイントにもなるホーローのやかんや鍋。ホーローは金属の素地をガラス質で覆っているので、熱伝導がよいのが特徴です。

特に鋳物ホーローウェアは、蓄熱性にも優れているので、材料にムラなく熱が入りやすく、料理がおいしく仕上がりますよ。火を消しても料理が冷めにくいので、早めに火を止めてあとは余熱で、といった料理に最適です。

電子レンジは使えませんが、ガス、オーブンで使用できます。また、最近は、IHに対応しているものも出ています。

使用時は、空だきに注意します。水をかけたりして急に冷やすのを避け、洗う際に、金属のたわしや研磨剤などは使用できません。

どれから買う?おすすめのホーローアイテムはコレ!

おかずを作って保存する方でしたら、ホーローの保存容器からはじめてみるのはいかがでしょうか。

筆者は野田琺瑯のホワイトシリーズを、サイズや形別にいくつか用意して活用しています。無印良品などでもそろいますよ。

メーカーや商品によってはオーブンが使えないものもありますし、食洗器で洗えるかどうかも違います。購入の際は、そこら辺もチェックしてみてください。

新生活はおしゃれで実用的なホーローアイテムでばっちり♪

新生活がはじまり、必要なものをこれからそろえていく方もいらっしゃると思います。実用的で機能美も兼ね備えたホーローアイテムは、紹介したもの以外にも、コップやキッチン雑貨などいろいろあります。お気に入りを選んで、日々の生活を楽しみましょう!