キャベツとトマトの浅漬け風マリネサラダ 生野菜がたっぷりいただけます /スガさんの作り置きレシピ #34

Author : スガ
今回は、キャベツとトマトを使ったマリネのレシピをご紹介します。

このレシピは、火を使いません。
ざくざく切った生野菜を、浅漬けのようにしっかりともみ込むことで、野菜のかさがうんと減ります。

野菜の旨味と甘味が溶け込んだ、ドレッシングのようなマリネ液で、たっぷりの野菜をいくらでも食べたくなります。

厳しい暑さなどで、料理なんかしたくない時、これ1品を仕込んでおくと、とても助かりますよ。ぜひ、お試しくださいませ

<保存期間>冷蔵5日

<レシピについて>
生野菜をざく切りにして、塩と砂糖でもみ込んでから、マリネします。
火を使いませんが、たっぷりめの油と酢に漬け込みますので、作り置きとしての日持ちも問題ありません。

<材料>(4人分)

キャベツ 1/2個
玉ねぎ 1/2個
ピーマン 2個
きゅうり 1本
トマト 1個

A

小さじ1
砂糖 小さじ2

B

大さじ4(60ml)
サラダ油 大さじ6(90ml)
黒こしょう 小さじ1/3

 

<作り方>

1.キャベツは1枚ずつはがしてから3〜4cm(指2本分の幅が目安)角に切ります。
キャベツは1枚ずつはがしてから

3〜4cm(指2本分の幅が目安)角に切ります01

3〜4cm(指2本分の幅が目安)角に切ります02

ピーマンは半分に切ってからヘタと種を取り3〜4cm幅に切りそろえます。
ピーマンは半分に切ってから

ヘタと種を取り

3〜4cm幅に切りそろえます

玉ねぎは、繊維に直角に、7〜8mm幅程度に切ります。
7〜8mm幅程度に切ります

きゅうりはへたを取り、3〜4mm程度の幅に、斜めに切っていきます。
3〜4mm程度の幅に、斜めに切っていきます

2.丈夫な袋に、切った野菜と、Aを入れ、空気抜きとして、袋の口は1/4ほど開けておきます。
丈夫な袋に、切った野菜と、Aを入れ

袋の口は1/4ほど開けておきます

袋の上から、全体をよくもみます。
全体をよくもみます

時々、底を真下からポンポンとたたいて、全体が混ざるようにしながら、
底を真下からポンポンとたたいて

袋の上から、こねるような気持ちで、全体をよくもみ込んで、3分の2くらいのかさになるくらいまで、もみます。
こねるような気持ちで

3分の2くらいのかさになるくらいまで

3.トマトを切ります。へたを包丁の先でぐるりとくり抜いてから、7〜8mm程度の幅に切ります。
7〜8mm程度の幅に切ります

さらに縦横に包丁を入れ、4つに切ります。4つに切ります

4.2の袋を軽く絞るようにして、出てきた水分を捨ててから、トマトとBを加えます。
トマトとBを加えます

底を真下からポンポンとたたいて、全体が混ざるようにし、
全体が混ざるようにし

できるだけ空気を抜いてから封をして、冷蔵庫でねかせます。
空気を抜いてから

封をして

冷蔵庫で最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう。
全体の味がなじんで落ち着き、とても美味しくいただけます。

「袋の開閉後にマリネ液が漏れた」などの思わぬ事故を防ぐため、また、取り出しやすいように、1日経ったら、よく消毒した保存容器に移し替えておきましょう。

保存容器に移し替えておきましょう。

<具材のバリエーション>
この浅漬け風マリネサラダは、色々な具材がよく合います。
上記でご紹介した具材の他に、私が試しておいしかった具材をメモしておきます。ご参考になれば幸いです。

・パプリカ:へたと種を取り除き、3〜4cm幅に切ります。分量は、ピーマンと同量が目安です。
・セロリの茎:気になるようなら筋を取り、3〜4mm程度の幅に、斜めに切ります。分量は、きゅうりと同量が目安です。
・ズッキーニ:へたを取り除き、3〜4mm程度の幅に輪切りにします。分量は、きゅうりと同量が目安です。
・かぶ:葉を取り除き、半分に切ってから、3〜4mm程度の幅に薄切りにします。分量は、4〜5人分で1/2個、8〜9人分で1個目安です。
・にんじん:スライサーで薄切りにします。分量は、きゅうりと同量の重さが目安です。
・グレープフルーツ:皮を包丁で切り落とし、2cm角程度の大きさに切ります。分量は、4〜5人分で1/2個、8〜9人分で1個目安です。
・りんご:くし形に切ってから芯を包丁で取り除き、スライサーで薄切りにするか、2mm程度の厚さに包丁で切ります。分量は、4〜5人分で1個、8〜9人分で2個目安です。

<まとめ>
【作り置きのコツ・ポイント】
・生野菜は、塩と砂糖で3分の2くらいのかさになるくらいまでもみましょう。よく味がなじみます。
・作りたてではなく、ぜひ、最低2時間以上、半日から1日ねかせてからいただきましょう。
・ねかせる際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

【アレンジのヒント】
・保存性が高いので、お弁当にもよく合います。マリネ液をよく切ってから詰めましょう。
・レタスやオニオンスライスの上から、マリネ液ごとたっぷりと添えていただいても美味しいです。
・ソテーしたじゃがいも、肉や魚介類ともよく合います。マリネ液ごと添えても良いですし、マリネ液を切って、サンドイッチとして一緒に具材として挟んでもOKです。