お好きな冷凍フルーツで♪
暑い時期にうれしい簡単ひんやりデザート

冷凍フルーツは、そのまま食べてもおいしいし、少し手を加えるだけで冷たいデ
ザートができるので何かと便利です。市販品もかなり充実していますが、家にた
くさんあるときなど、自分で好きな果物をカットして冷凍しておくといいですよ。

好きな冷凍フルーツを使ってお手軽スムージー

お好みの冷凍フルーツと、牛乳や豆乳、ヨーグルト、ジュースなどの液状のものをミキサーで混ぜ合わせれば、スムージーのでき上がり。甘味が足りない場合は、ハチミツやガムシロップ、フルーツジャムなどを加えて調整します。

写真のスムージーは、ヨーグルト60cc、豆乳50cc、冷凍ブルーベリー150g、イチゴジャム15ccを混ぜて、でき上がりは小さめのグラス2杯分になりました。

液状のものが多い場合は、さらっとした仕上がりに。冷凍フルーツをたくさん入れると、シャーベットのようになります。ごくごく飲みたいときは液体多め、スプーンですくって食べたいときは、冷凍フルーツ多めで分量を調整するといいと思います。

冷凍フルーツは、複数の種類を混ぜてもおいしいですよ。いろいろな組み合わせにトライして、お気に入りの味を見つけてください!

フルーツを散りばめたアイスキャンディーも冷凍フルーツを使えば簡単!

冷凍フルーツを適当な大きさに切って、アイスキャンディーの型に入れます。型にスティックを刺して、100%フルーツジュースやヨーグルトドリンクなどを注ぎ、凍らせたらでき上がり。冷凍フルーツは何種類か組み合わせると、見た目が華やかになり、いろいろな味を楽しめますよ。

写真左のアイスキャンディーは、マンゴー、パイナップル、ピンクグレープフルーツの冷凍フルーツ3種類と100%リンゴジュースを使ったもの。写真右は、上で紹介したスムージーが原料です。

アイスキャンディーの型は100円ショップで購入しました。専用の容器がなくても、小さめの紙コップ、紙パックジュースの空容器で代用可能です。木製スティックは100円ショップで入手できます。

冷凍フルーツも自分で作ってみよう!冷凍フルーツに向く果物は?

りんご、柑橘類、バナナ、イチゴ、キウイフルーツ、ベリー類など、ほとんどの果物は冷凍できます。皮をむいたりヘタを取ったりして、生で食べるときの状態にし、適当な大きさに切って凍らせます。メロン、スイカ、柿も冷凍できます。食べきれない果物があったら、ぜひ冷凍保存してみてください。

食べるときは冷凍のままか、自然解凍で半解凍に。柑橘類、パイナップル、マンゴーは、完全に解けても冷凍前と食感はあまり変わりませんが、イチゴ、バナナなどのように、解けすぎると食味が大きく損なわれるものもあるので、ご注意を。

生の果物は早めに食べなければいけませんが、冷凍フルーツは保存がきいて、何かと重宝します。果物が食べきれないときは冷凍保存して、自家製スムージーやアイスキャンディーで楽しんでください!