実は簡単!自宅で作れるドライトマト。ストックしておけば時短料理に大活躍

ドライトマトなんて買うものだと思っていましたが、オーブンに入れるだけで簡単に作ることができました!夏場の甘いプチトマトを大量に購入し、ドライトマトを作っておくと、パスタやピザ、スープのトッピング、野菜炒めなどに重宝します。

ドライトマトの作り方

ドライトマトを使った料理を作る……と聞くだけで、ちょっと手の込んだ、お洒落なものが出てきそうな気がしませんか?

ドライトマトは、天日干しやオーブン、電子レンジを使う方法など、作り方はいろいろありますが、失敗が少なくて手間がかからないという点では、オーブンを使うのがオススメ。電子レンジは、トマトの水分量によっては時間調整が案外難しく、目が離せません。また、天日干しは当然時間がかかります。その点、オーブンなら温度を設定して時間をセットしたら、あとは放っておくだけです。

<材料>

プチトマト 適量
適量
オリーブオイル 適量

<作り方>
1. プチトマトは横に2等分し、キッチンペーパーの上に並べて水分を取る
※切り口を下にして5分程度置いておきます。

2. 塩を切り口に薄く振りかけて、140℃のオーブンで約60分焼く

たったこれだけです。乾燥した感じになれば完成です。トマトをカットしたとき、厚みに若干差が出ると思いますが、薄いものは焦げてしまうので、途中で様子を見て取り出してください。

私はセミドライくらいが好きなので、だいたい60分くらい焼きます。もっと乾燥したタイプが好きなら、さらに何分か焼いてください。

オリーブオイルに漬けたり冷凍したり

私は、大量にプチトマトをもらったときとか、安く手に入ったときはプチトマトを使います。ですが、普通のトマトが安く出回るようになったら、ザクザク角切りにして同じ手順でドライトマトを作ってしまいます。こちらのほうが大量に作れるので、思いっきり食べたいならお勧めです。

ドライトマトは粗熱が取れたら、オリーブオイル漬けにして保存します。パスタに和えたり、サラダのトッピングにしたり、オリーブオイルごとかけて使えるので便利です。少し辛いほうが好みなら鷹の爪やニンニクを一緒に入れても。

冷凍する場合は、オリーブオイルを入れる前のドライトマトをジップロックなどに入れて保存してください。

ドライトマトは調味料いらず

ドライトマトは旨みがギュッと詰まっているので、そのまま食べてもおいしいです。パスタやピザにも合いますが、イチオシはサラダ。塩味だけでドレッシングなどは必要ありません。

1. レタスやサラダ菜、ベビーリーフなどを適当にちぎって盛り付ける
2. ドライトマトをオリーブオイルごとトッピング

さらに、パルメザンチーズやベーコン、ハムなどを乗せても。

我が家の子どもは、生のトマトだとあまり食べないのですが、ドライトマトにすると、お箸が止まりません。酸味の強いトマトもドライトマトにすると、甘みが引き出されるようですよ。ぜひお試しください。