これ1つで味が決まる!魔法の万能調味料「サラダエレガンス」

スパイスやハーブでお馴染みのマスコットフーズから販売されている「サラダエレガンス」は、万能調味料として我が家のキッチンに欠かせない存在です。今回は使用例として、フライドポテトとグリルチキン、スープをご紹介します。

コンビニのフライドポテトを自宅で再現!

一時期ネットで話題になっていたのですが、コンビニエンスストアのファミリーマートで以前販売していたフライドポテトの味付けにサラダエレガンスが使われていたのはご存じでしたか?

我が家は残念ながらファミリーマートが存在しない地域に暮らしているので、そうとは知らずに使っていたのですが、聞いて納得!自宅で作ったフライドポテトがまさしく「お店の味」になるのです。

ファミリーマートはないけれど、じゃがいも畑ならいくらでもある北海道の片田舎なので、子どもが友達を連れてきたときのオヤツにサラダエレガンス味のフライドポテトを作って出すと、毎回あっという間に食べ尽くされています。大人味すぎないシーズニングで、子どもたちもやみつきになるようです。

簡単手間いらずのグリルチキンに!

我が家ではスーパーの特売日に安くなる手羽元、手羽先をよく買います。簡単に作れるのに子どもたちの評判がすこぶる良いのが、グリルチキン。チキンにサラダエレガンスをまんべんなく振りかけて、焼くだけです!

オーブンなら予熱ありの200度で30分ほど、魚焼きグリルなら中火で15~20分ほどでおいしくできます。焼くまでも手間がかからず、焼いている間はほったからしでも失敗知らずなので、おもてなし料理にも間違いないレシピです。

スープには、コンソメとして!

パッケージに「野菜コンソメ風味」と書かれているだけあり、コンソメとしてもスープやシチューなど煮込み料理の味付けにバッチリ使えます。市販のコンソメだと、味を整えるのにさらに塩、コショウ、ハーブを足すことが多かったのですが、サラダエレガンスは野菜の粉末と岩塩、ブラックペッパーなどのバランスがとても良いので、これ1つでも問題なし!最近ではコンソメを買うことはほとんどなくなりました。

ちなみに粉は赤いのですが、パプリカ、トマト、にんじんなどの色で、唐辛子は入っていないので、辛いものが苦手な子どもでも大丈夫。スープも真っ赤になることはないので、ホワイトシチューにも使えますよ。

このサラダエレガンス、私はコストコで390gの業務用サイズを購入しています。使い切るのに1年半ほどかかりますが、今回ご紹介したメニューの他にもサラダやムニエル、ピザ、パスタ、ピラフなど何にでも使えて便利なので、少なくなってくると不安になるほどです。サイズは60g入り、120g入りもあるようですから、気になる方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

(参考資料)
サラダエレンガンス – マスコット・スパイス専門店「ポワヴリエ」
http://shop.mascot.co.jp/shopbrand/009/O/