5分でメインディッシュができる!
カルディのサバ缶アレンジレシピ!

料理素材として、手軽な「水煮缶」が人気です。中でもDHAやEPAといった健康成分を多く含む「サバ缶」は大注目!少し手を加えるだけで、見栄えも栄養価もアップした一品が、あっという間にできあがります。

メリットしかない!手軽でアレンジしやすい「サバ缶」

サバ缶

ヘルシーな青魚が手間なく食べられる「サバ缶」。最近はおしゃれなデザインの商品を見かけることが増え、人気のほどを実感します。
筒切りやフィレで加工されたゴロッと大ぶりな身は、食べごたえ十分。しかも骨まで柔らかく火が通っているので扱いやすく、いいこと尽くしです。

水煮缶なら、マヨネーズや醤油をかけるだけでも美味しいですが、ひと手間加えて、小鉢からメインディッシュにランクアップしましょう!
今回は、カルディコーヒーファームのオリジナル「さばの水煮」缶を使っています。

サバ缶のアクアパッツァ

サバ缶

まずはアクアパッツァ(魚の洋風トマト煮込み)。水煮缶を使うことで、青魚特有の臭みも気にならず、簡単に一品できあがります。

作り方はわずか3ステップ!
1.「さばの水煮缶」を器にあける
2.ミニトマトを半分に切って周囲に並べる
3.塩少々を振り、レンジ用フタをかけて電子レンジで温める

今回は赤・黄の2種類のミニトマトを使いましたが、もちろん1色でもOK。大きなトマトのザク切りを散らしても、また違った風味が楽しめます。

基本の味付けは、シンプルに塩のみです。サバ缶の隣に焦がしガーリック風味のオイルが売られていたので、試しにプラスしてみたら、味わいに広がりが出て美味しかったです。

サバ缶のパン粉チーズ焼き

サバ缶

続いては、青身魚とあわせて野菜もたっぷりとれるチーズ焼きです。
野菜は冷蔵庫にあるものやお好みで取り合わせてください。写真では、ニンジン・エリンギ・ズッキーニ・ブロッコリーを使っています。

1.野菜類にあらかじめ火を通しておく(炒める、ゆでる、レンチンなど)
2.「さばの水煮缶」とあわせ、耐熱皿に盛り付ける
3.パン粉を振り、シュレッドチーズをのせてオーブンで加熱

シュレッドチーズがなければ、スライスチーズをのせたり、ベビーチーズをさいの目に切って散らしたりしても代用できます。
味付けは、水煮缶とチーズの塩気でOK。野菜の量を加減することでボリュームが自在に調整できるのもポイントです。

サバ缶とナスの味噌炒め

サバ缶

サバ缶を使えば、ご飯がすすむ青魚の和食おかずも、一瞬でできあがります。

1.ナスを食べやすい大きさに切る
2.フライパンにゴマ油をひいてナスを炒め、しんなりしたら「さばの水煮缶」を加え、サバの身を崩さないように炒めあわせる
3.水気のあるうちに味噌を加えてなじませ、仕上げに小ネギを散らす

ご覧のとおり、まるでひと晩寝かせたような、こなれた感じの味噌炒め。すでに柔らかく加熱済みのサバ缶ならではの時短メニューです。

和風にも洋風にも合うサバ缶。アイディア次第でアレンジの幅はどんどん広がります。忙しいときの助っ人として活用してくださいね♪

<参考資料>
カルディオリジナル さばの水煮 190g 189円(税込)
https://kaldi-online.com/item/4515996919008.html