暑い夏にぴったり!冷や汁 /
親子でおいしい♪簡単レシピ#6

Author : りんひろこ
時短効果:マイナス50分!
暑いこの時期、できるだけキッチンで火を使いたくないですよね。そしてひんやり冷たいメニューを食べたくなりますよね。
そんな時にぜひ試してほしいのが、宮崎の郷土料理「冷や汁」です。
本来は、アジなどの焼き魚をほぐして味噌とともに焼いて汁を作って、冷蔵庫で冷やしていただくのですが、この工程をふむと軽く1時間以上はかかってしまいます。そこで、今回は、焼き魚の代わりに煮干しの粉末やツナ缶を使い、また、レンジで味噌をこんがりさせて氷水を加えるだけという手軽さで、作ったその場で冷やす手間なく食べられる方法をご紹介します。

<材料(2~3人分)>

きゅうり(薄切り) 1~2本
オクラ(あれば。子供用にも〇) 2本程度
みょうが(薄切り) 2個
大葉(千切り) 5枚
ツナ缶(70g) 1缶
氷水(氷と水1:1) 300cc
ごはん 茶碗3杯

A

だしの素 小さじ1
味噌 大さじ2
すりごま 大さじ1/2
大さじ1程度

1.耐熱容器(どんぶりなど500㏄程度入るもの)に、油を切ったツナとAの調味料を入れてかき混ぜ、器の側面に張り付けるように均等に伸ばす(こうすることにより電子レンジ加熱で早く火が通りやすい)。

2.ラップをせずに600Wの電子レンジで3~4分加熱し、端っこに少々焼き色がついたらレンジから取り出し、氷水を入れて全体が冷めるようによくかき混ぜる。(さらに冷やしたい場合は冷蔵庫に入れておく)

3.電子レンジにかけている間に、野菜を切る。きゅうりとオクラは薄切りにして塩もみする。みょうがは薄切りに、大葉は千切りにしておく。

4.器にごはんを盛り、その上にきゅうり、オクラ、みょうが、大葉を盛り、2.の汁をかけて出来上がり。子ども用には、きゅうり、オクラのみの盛り付けにし、あればミニトマトなどを盛り付け、2.の汁をかける。

みょうがや大葉などの薬味は、子どもは食べにくいので、子ども向けにはきゅうりやオクラ、ミニトマトなどで代用するといいですよ。たんぱく質がちょっと足りないかなという場合には、ツナをさらにトッピングとして加えたり、しらすを加えたり、卵焼きやスクランブルエッグなどをレンジで簡単に作って副菜として添えてもいいですね。
またこの冷や汁をご飯ではなく、そうめんやうどんにかけて食べてもおいしいですよ。お試しください。